アクトデザイン凛太郎のブログ

住まいのこと、ネコのこと、身の回りのこと、今思うことを綴っていきます

「 石神井台の家 」 を 「 WORKS ( 作品紹介 ) 」 のページにアップしました。

石神井台の家 」 を 「 WORKS ( 作品紹介 ) 」 のページにアップしました

なかなか施主の要望をとらえきれず、A ・ B ・ C ・D ・ E案 の5案を提示し、6案目のF案で、ようやく計画を先に進めることになりました。

白黒②修正 南東
F案 提案当初の外観パース

施主の希望は子育ての終わった老後のついの住かとして、使い易さを重視した家を建てること。
更に、明るく開放的で、高級感がありながら、奇をてらわない普通の家 であること、そして高い耐震性も求められていました。
普通の家とは言っていても、勿論施主はどこにでも在る平凡な家に住みたい訳ではありません。

あ3 南東
F案 最終形の外観パース
打ち合わせの際に、施主から提示される参考写真は、いつも出先で撮ってきた高級建売住宅の写真やチラシばかりでした。
施主の希望を取り入れながら、過度な装飾はせず、建売住宅には見えないように、品の良いデザインに仕上げる為に、設計には相当に時間が掛かってしまい、長期優良住宅の認定 を受けたいとの希望も加わり、予算も手間も増えてしまいました。

p4152155-表紙f

P4152166 のコピー

p4152168-1.jpg
明るく開放的なリビングとする為に、3つ連続する出窓を設けました。
出窓は床面積に含まれないので 建ぺい率や容積率に余裕がない場合に有効です。
出窓は特注の3連窓にすることも考えましたが、予算だけでなく、省エネ性能と防犯性能も考慮し、既製品の断熱アルミサッシを採用しています。

耐震等級3 を実現する為、下の写真の筋交いの部分を耐力壁として計画していましたが、施主から 「 窓が小さ過ぎる 」 「 LDKをもっと明るく開放的にして欲しい 」 という要望がありました。
通常の木造在来工法の建物では、開放性能を高くすることは耐力壁が少なくなることに繋がり、よって耐震性能は低くなってしまいます。
そこで、筋交いを表した3連の出窓を提案し、内観パースや以前に設計した実例写真も見てもらいましたが、施主からGOサインはもらえず、最終的には筋交いをステンレス製ブレース ( コボット ) を採用することで耐震性能を維持しながら、更に開放性を向上させることで、ようやく納得してもらうことが出来ました。

下の写真は
上 / 木製筋交いを表した場合 内観パース
中 / 金属ブレースを表した場合 内観パース
下 / コボットを採用した 竣工写真
LDK内観①A
LDK内観①B
P3040197.jpg

LDK内観②A
LDK内観②B
P3040198.jpg

LDK内観③A
LDK内観③B
P3040247.jpg
何度も打ち合わせを重ねて、設計に予想以上に時間が掛かってしまいましたが、完成時にはとても喜んでもらえました。


P3040250.jpg
ステンレス製ブレース コボット 詳細
特に手間が掛かり、大工さん泣かせだった化粧棚出窓のカウンター
おかげさまで一体感のあるLDKとすることが出来ました。

建物の内外共に特別高価な材料は使っていません。
今の世の中の流れには多少逆行しているのかもしれませんが、高級感は材料ではなく、手間の掛かる木工事で表現しています。

フレーム南東パース
フレーム南西パース
石神井台の家 」 は 「 木の香りがする家 」 のコンセプトを元に設計をはじめました。

木の香り チラシ
プランは全く変わり、柱や梁などの構造材としての木材を表す 「 真壁造り 」 も、LDスペースと和室の部分的なものになってしまい、構造材よりも化粧材を多用したとは言え、室内に限っては木の温か味を感じられる家に仕上がりました。
スポンサーサイト
  1. 2016/06/07(火) 18:10:56|
  2. 木の香りがする家
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumainoact.blog58.fc2.com/tb.php/1850-1d002854
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad