アクトデザイン凛太郎のブログ

住まいのこと、ネコのこと、身の回りのこと、今思うことを綴っていきます

ローマ散策 -28 カピトリーノ美術館 パラッツォ・ヌーボー館

地下通路を通ってコンセルヴァトーリ館からパラッツォ・ヌーボー館へ移動し、先ずは中庭に出てみましょう。

P3150542.jpg
パラッツォ・ヌオーヴォの中庭の噴水

p3150543-1.jpg
マルフォーリオ
川の陰喩か、海の神ネプチューンを表したものではないかといわれています。
16世紀、フォロロマーノで、噴水の一部となっている花崗岩の巨大な杯と一緒に発見されました。

2階に上がると、そこはリアルで美しい彫像で一杯です。
P3150545.jpg
パラッツォ・ヌーボー館の館内も、ローマ期の彫像が一杯です。

P3150549.jpg

p3150548-1.jpg
ファウヌス神の像
ティヴォリで発見された赤大理石の彫像

p3150546-1.jpg
瀕死のガリア人
ギリシャ人 プラクシテレスが紀元前3世紀に作成した彫刻をローマ時代に模索したもの

P3150550.jpg
この彫像のモデルの情報は見付けられませんでした。

p3150552-1.jpg
狩りをするセウェルス帝
3世紀に造られた、大理石の彫像です。

P3150551.jpg

p3150554-1.jpg
負傷した戦士
紀元前460年のミローネ作の「円盤投げの選手」の胴体部分を使い、紀元1世紀に「負傷した戦士」として、造りかえられた作品です。

P3150555.jpg

P3150558.jpg

P3150556.jpg


p3150557-1.jpg
カピトリーニのヴィーナス
この彫像もギリシャの彫刻を、ローマ時代に模したものです。

※ この記事内の説明文は「Wikipedia」「週刊ユネスコ 世界遺産」「わがまま歩き29 イタリア5都市」「カピトリーニ美術館1・2・3・4」「観るのに5時間かかった圧巻のカピトリーノ美術館の見どころ・主要作品」 等を参照しています。
スポンサーサイト
  1. 2016/08/01(月) 00:00:37|
  2. イタリア旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2016/08/02(火) 11:12:38 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

木内様へ

つくばの記事のコメント欄にも書きましたが
この写真自体「オークラフロンティアホテルつくば 」に撮影の許可をもらって撮影したものではありませんが、それでも問題なければご利用ください。
  1. 2016/08/02(火) 18:17:49 |
  2. URL |
  3. 凛太郎 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumainoact.blog58.fc2.com/tb.php/1867-59f1def4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad