アクトデザイン凛太郎のブログ

住まいのこと、ネコのこと、身の回りのこと、今思うことを綴っていきます

箱根プリンスホテル

箱根プリンスホテルは、20年続いた高度成長期の余韻覚めやらぬ1976年に、村野藤吾氏設計で、樹木園と隣接する芦ノ湖畔のリゾ-ト地に建てられました。
当時の建築界は大阪万博沖縄海洋博にみられる未来思考は翳りをみせ、その後のポストモダンの騎手達がそれぞれの主張をし始めた時期でも有ります。
そのような揺れ動く風潮とは全く別次元で、独自の作風を貫いていた建築家が村野藤吾氏です。

箱根プリンス外観全景-3

箱根プリンスはド-ナッツ型の二つの客室+レストラン棟とそれを繋ぐ会議室棟、高さを低く押えたエントランス棟と会議室棟とを繋ぐロビ-棟とで構成される、分散形の配置になっています。
分散形にしたのは、既存の樹木を出来るだけ残し、林に溶け込ませる為だと思われます。

箱根プリンス外観全景-2

建物の高さは周りの杉や檜の高さを超えないように計画され、芦ノ湖側からは、樹木園休息所同様にまるで大地から生え出した植物の様なド-ナッツ形の客室+レストラン棟しか目にすることは出来ません。
また円形ゆえに、ホテルの周りを半周歩いても、芦ノ湖側から見える姿は何所も同じで、まるで裏表が無い樹木を見ているようです。

箱根プリンス外観全景-1

箱根プリンス客室詳細

バルコニ-周りの曲線や袖壁を支える黒っぽい金属製の柱は樹を思わせ、リズミカルに連続していて、ホテルの立面にありがちな、単調さは全くありません。

箱根プリンスロビ-

反り上がった天井の最高部には、日生ホ-ルでも使われたアコヤ貝が張られています。

箱根プリンスロビ-詳細.

ロビ-の柱を切り取って置かれたクリスタルのショーケースは、まるで構造主義を嘲笑って居るかのようです。

箱根プリンス新館連絡口

これは新館との連絡口です。
箱根プリンスホテルは周りの自然を威圧しないよう、円形の客室等以外はロビー棟も含め、高さが極力押えられ、芦ノ湖側からは殆んど見る事は出来ず、アプロ-チ側からは平屋にしか見えません。

箱根プリンスホテルは、自然との調和をテ-マにしながらも、ドラマチックな建築空間をホテルの宿泊客や訪れる観光客に提供してくれています。
建物探訪に興味がある人はこちらをどうぞ
スポンサーサイト

テーマ:建築デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2007/08/25(土) 11:35:44|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

コメント

素敵ですね~ドーナツ型てことは、中庭みたいなのがあるんですか?私の知ってる限り、円筒形の建物は、神戸市立苅藻中学の校舎と、関西大学の旧図書館ですが、両方ともドーナツ型じゃないです。中はちょっと異次元の世界風(関大の図書館は古いので、本のかび臭さが余計そう思わせるかも~)
  1. 2007/08/26(日) 12:04:57 |
  2. URL |
  3. ohiisansun #-
  4. [ 編集]

ohiisansunさんへ

関西大学(図書館も)村野藤吾氏の設計なんですよ。
村野さんは関西を中心に仕事をしていたので、関西には作品が沢山残っています。
円形だけでなく、自由な曲線を駆使した建物が多く、宇部市民館や宝塚カトリック教会は是非訪れてみたい建物です。
  1. 2007/08/31(金) 09:02:07 |
  2. URL |
  3. 凛太郎 #-
  4. [ 編集]

紹介させて戴きました

こんにちは。
今回、私のブログでザ・プリンス箱根と村野藤吾先生についての記事を書くにあたり、こちらの記事とお写真が素敵だったので、URLを紹介させて戴きました☆
事後報告になりまして申し訳ございませんm(_ _)m
  1. 2008/09/15(月) 05:18:00 |
  2. URL |
  3. jun☆taro #oB6gibCM
  4. [ 編集]

jun☆taroさんへ

ブログ拝見しました。
僕も先週末汐留の松下電工ショールームへ行ってきたところです。
改めて村野藤吾氏の業績に感心し、氏の残してくれた貴重な建築を見て回りたくなっていたところです。
  1. 2008/09/15(月) 10:31:08 |
  2. URL |
  3. 凛太郎 #-
  4. [ 編集]

レスありがとうございます

凛太郎さま レスありがとうございました。
先週、展覧会に行ってらっしゃったんですね。
今回、プリンス箱根の写真を探して検索していた時に、「素敵だな」と感じるお写真を掲載していらっしゃったブログは、凛太郎さま含め、皆様、建築士やデザイナーの方ばかりで・・・やっぱり、写真を撮るにも、プロの方って違うんだな~なんて思いました。またちょくちょく拝見します☆
  1. 2008/09/15(月) 18:36:56 |
  2. URL |
  3. jun☆taro #oB6gibCM
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumainoact.blog58.fc2.com/tb.php/189-02142cb7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad