アクトデザイン凛太郎のブログ

住まいのこと、ネコのこと、身の回りのこと、今思うことを綴っていきます

フィレンツェ散策 -13 ウフィツィ美術館 外観

今日はウフィツィ美術館を紹介します。
先ずは外観から。

P3161016.jpg
ウフィツィ美術館

ウフィツィとは、イタリア語で事務所を意味します。
ゴジモ一世建築家ヴァザーリに設計を依頼した事務所建築として建設されたもので、着工は1560年、完成したのは1580年でした。

P3171221.jpg
ウフィツィ広場と言われる細長い広場に面する1階部分は、古代ローマの宮殿を思わせるドーリス式の列柱が並んでいます。
2階、3階部分はルネッサンス様式で、建物全体はU字型をしています。

p3171220-1.jpg

P3161019.jpg
ウフィツィ広場からヴェッキオ宮殿を見る。

p3161018-1.jpg
広場を囲う回廊には祖国の父コジモ・イル・ヴッキオ豪華王ロレンツォ・イル・マニーフィコの彫像が並んでいます。

IMG_3107.jpg
祖国の父コジモ・イル・ヴッキオ

img_3106-1.jpg
豪華王ロレンツォ・イル・マニーフィコ

コジモ一世の死後、後を継いだフランチェスコ一世建築家ベルナルド・ブオンタレンティを起用し、メディチ家歴代の当主達が蒐集した膨大な美術品を納める為に、1581年に3階を美術品収蔵の場所として改修させたもので、それが今や世界屈指の規模を誇る美術の殿堂となっています。

P3161142.jpg
アルノ川 南岸からの外観

次回はウフィツィ美術館を飾る、美術品の数々を紹介します。
スポンサーサイト
  1. 2016/11/28(月) 16:45:53|
  2. イタリア旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumainoact.blog58.fc2.com/tb.php/1893-d127f8e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad