アクトデザイン凛太郎のブログ

住まいのこと、ネコのこと、身の回りのこと、今思うことを綴っていきます

フィレンツェ散策 -16 ヴェッキオ宮殿 ①

シニョリーア広場に面し建つヴェッキオ宮殿は、1299年から1314年にかけてフィレンツェ共和国の政庁舎として、アルノルフォ・ディ・カンビオの設計によって建設され、メディチ家(現)ピッティ宮殿へ移るまでの一時期、メディチ家の住居としても使用されました。

P3171349.jpg


P3161012.jpg
建設当初、この宮殿はシリニョリーア宮殿と呼ばれていましたが、メディチ家が住居をアルノ川対岸に移した為、「古い」と言う意味の「ヴェッキオ」宮殿と呼ばれるようになり、現在ではフィレンツェ市庁舎として使われています。

p3161013-1.jpg
外観は華麗とは言い難い武骨なデザインで、まるで要塞の様。
鋸壁 ( 鋸型狭間 ) のある張り出した回廊と、建物の中心からずらした位置に設置された、高さ94mの塔が特徴です。

P3171277.jpg
回廊を支えるアーチの下には、フィレンツェ市の9つの紋章が描かれています。

P3171214.jpg
ダビデ像の横を通って、入口を入ってみましょう。

P3171298.jpg
ミケロッツォの回廊
門を入ると直ぐに、美しい壁画で飾られた回廊のと噴水のある中庭に出ます。
ゴジモ一世は、息子のフランチェスコ一世オーストリア大公の娘との婚礼に備えて、1565年に建築家ジョルジョ・ヴァザーリ宮殿の大改修工事を依頼します。

P3171299.jpg
中庭の壁にはヴァザーリによって、花嫁の故郷である、オーストリアの14の都市が描かれています。

p3171345-1.jpg
回廊の柱や壁や天井には、美しく繊細なフレスコ画や、金粉を使用した殉爛な装飾が施されています。

P3171297.jpg
中庭の中央に、ヴェロッキオ作イルカを抱いた少年 の複製が置かれている筈でしたが、改修中なのかシートが掛かっていました。

p3171301-1.jpg
建物の中に入ると、有名な 五百人広間 が迎えてくれます。
幅23m、長さ54m、高さ18mのこの広間は、共和国時代には、500人が出席する市民会議が開催されたことから、五百人広間 と呼ばれました。

p3171302-1.jpg
天井にはコジモ一世の載冠の絵を中心に、フィレンツェの成立と歴史上の逸話を描いた、48枚のパネルが飾られています。

p3171305-1.jpg
コジモ一世の載冠

p3171312-2.jpg
P3171311.jpg
広間の後方2階のバルコニーから 五百人広間 を見る。

右の壁面には、レオナルド・ダ・ビンチアンギアーリの戦い
左の壁には、ミケランジェロカッシーナの戦い を描く予定でしたが、ダ・ビンチ新技法に失敗したことで、制作を中断すると、ミケランジェロ も戦意を喪失してローマ教皇の招きに応じ、ローマへ去ってしまったのです。

P3171304.jpg
ピサへの勝利 ジョルジョ・ヴァザーリ作

P3171306.jpg
マルチャーノ・デッラ・キアーナの戦い ジョルジョ・ヴァザーリ作

p3171306-2.jpg
ヴアサーリが描いたこの絵の下には、ダ・ヴィンチの絵が隠されていると言われており、この拡大部分の中心辺りに、小さく 「 CERCA TROVA 」 ( 探しなさい、さすれば見つかるであろう ! ) と言う、暗号めいた文字が隠されているそうですが、残念ながら狙って撮った訳ではないので確認できません。

五百人広間の見所は絵画だけではありません。
広間の両脇に、見事な彫像も並んでいます。
左側の壁お奥から
201101300124395eb.jpg  p3171304-4.jpg
左 / アンタイオスを絞め殺すヘラクレス  ヴィンチェンツォ・デ・ロッシ作
右 / ヘラクレスとケンタロウス  ヴィンチェンツォ・デ・ロッシ作
  
p3171304-3.jpg  p3171304-2.jpg
左 / ピサを征服したフィレンツェ  ジャンボローニャ作
右 / ヘラクレスとカークス  ヴィンチェンツォ・デ・ロッシ作


右側の壁奥から
p3171306-1.jpg  p3171306-3.jpg
左 / アマゾン族の女王を倒すヘラクレス  ヴィンチェンツォ・デ・ロッシ作
右 / 勝利像  ミケランジェロ作

p3171306-4.jpg  p3171300-1.jpg
左 / エリュマントスの猪  ヴィンチェンツォ・デ・ロッシ作
右 / ディオメデスを罰するヘラクレス  ヴィンチェンツォ・デ・ロッシ作

次回は2階へ上がります。
スポンサーサイト
  1. 2016/12/05(月) 18:21:46|
  2. イタリア旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumainoact.blog58.fc2.com/tb.php/1896-341396f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad