アクトデザイン凛太郎のブログ

住まいのこと、ネコのこと、身の回りのこと、今思うことを綴っていきます

フィレンツェ散策 -17 ヴェッキオ宮殿 ②

五百人広間の見学を終え2階に上がります。

p3171308-1.jpg
レオ10世の間

以下5枚の写真は、「レオ10世の間」の周りの部屋の写真だったと思うのですが、記憶違いでしたら御免なさい。
P3171309.jpg

P3171310.jpg

p3171315-1.jpg
四大元素の間  (上下共 )  ヴァザーリ作
四大元素とは、火、水、空気、土のことだそうです。  p3171313-1.jpg

p3171314-1.jpg
どの部屋も美しい絵画と天井画で飾られており、部屋ごとに格天井の形態が変えられています。


p3171316-1.jpg
イルカと戯れるプット像 ヴェロッキオ作 (中二階15室?)
ミケロッツィの回廊の噴水を飾る銅像のオリジナルはここに在りました。

この後も、美しい天井画の小部屋?が続きます。
p3171317-1.jpg

p3171319-1.jpg
エレオノーラの礼拝堂  エレオノーラはコジモ1世の奥方
中央の絵は 十字架降下  ブロンズィーノ作
この部屋は、壁と天井に隙間なく絵画で埋め尽くされていて、部屋そのものが絵画で出来ているようです。

p3171322-1.jpg

P3171321.jpg

p3171324-1.jpg
この辺りの部屋の天井の構成は似ています。  上下は同じ部屋
p3171323-1.jpg


p3171326-1.jpg
ヴォールト天井のこの部屋は、さしずめ黄金の礼拝堂とでも言ったところでしょうか?
P3171328.jpg


P3171330.jpg
やや広めの部屋に出ました。 この部屋の装飾は一段と豪華です。
p3171332-1.jpg

p3171329-1.jpg
天井の黄金は、眩いばかりに輝いています。


P3171333.jpg
ゆりの間
ゆりの間 とこの後に紹介する 地図の間 は、書記局に隣接していたことから、フィレンツェ共和国の事務官だったニコロ・マキャヴェリの過ごした場所だとか?
p3171336-1.jpg
ユディットとホロフェルヌス ドナテッロ作
壁のブルーが印象的です。
壁の模様が百合の模様だから、「ゆりの間」と呼ばれるらしいです。
P3171340.jpg


P3171339.jpg
地図の間
3階を見学していくと、最後に壁に53枚の地図が飾られてる地図の間に出て来ます。
16世紀にフランチェスコ会修道僧エニャツィオ・ダンティステファノ・ブオンシニョーリによって描かれた作品です。
これらの地図は当時の地理学の重要な資料でもありますが、写真中央の地球儀は、紙が黒化してしまって真っ黒です。
黄金の天井ばかりを見続けてきたので、地図の間の天井はシックで、何とも居心地が良く感じられます。

p3171341-1.jpg
地図の間から続くこの部屋は、フランチェスコ1世の妻 ビアンカ・カッペッロの部屋でしょうか?

p3171342-1.jpg

p3171343-1.jpg

これで ヴェッキオ宮殿 の散策は終わりです。
次は サンタ・クローチェ教会 へ向かいます。
スポンサーサイト
  1. 2016/12/09(金) 15:32:10|
  2. イタリア旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumainoact.blog58.fc2.com/tb.php/1897-d65488cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad