アクトデザイン凛太郎のブログ

住まいのこと、ネコのこと、身の回りのこと、今思うことを綴っていきます

フィレンツェ散策 -20 サンタ・マリア・ノヴェッラ聖堂

いよいよ フィレンツェ の最終回です。

フィレンツェ 最後の訪問場所となる サンタ・マリア・ノヴェッラ聖堂 はフィレンツェ の表玄関 と言える サンタ・マリア・ノヴェッラ駅 に、背中を向けるように建つ ゴシック様式の聖堂 です。

p3171394-1.jpg
サンタ・マリア・ノヴェッラ聖堂
1246年にドミニコ修道僧によって建設が始められました。

p3171398-1.jpg
14世紀に入るとファサードの建築が始まり、14世紀中頃にはフィレンツェ式ロマネスク・ゴシックの下半分が完成します。
ファサード上層のデザインは、アルベルティの設計によるもので、ペディメント付け柱 等の古典的な要素とゴシックを融合し、下層部のデザインとも一体化させたもので、ルネサンス建築の完成型と言う人もいるようです。
現在見られる、緑と白の色大理石用いたファサードは、1458年に完成したのです。

P3171415.jpg
聖堂内部は、T字形 に近いラテン十字の平面を持つ三廊式

p3171402-1.jpg
アーチクロス・ヴォールト を支える、4本を束ねたようなデザインの柱は、祭壇に近づくにつれ間隔を狭めて、奥行きを実際よりも長く見せる効果を狙っています。

p3171404-1.jpg
トルナブォーニ礼拝堂  1485-1490年
サンタ・マリア・ノヴェッラ聖堂は、多くの優れた美術品を所蔵していることでも知られています。
この聖堂奥の中央礼拝堂には、礼拝堂全体に、ドメニコ・ギルランダイオが弟子のミケランジェロらと共同制作した、聖母伝洗礼者ヨハネ伝 等のフレスコ画が描かれています。
後で調べてみると、ルネッサンス期を代表する傑作だったらしいので、もっと詳しく見るべきでした。

p3171416-1.jpg

p3171421-1.jpg
キリスト磔刑  ジョットー作  
広角レンズに撮っている為か、どの写真でも礼拝堂の直ぐ前に在るように見えますが、実際はかなり離れたところ、身廊の中心近くに吊り下げられていた筈です。

p3171426-2.jpg
身廊中央辺りすら、入口方向を見る

P3171414.jpg

p3171422-1.jpg
正面ファサードの円形ステンドグラス

P3171411.jpg
側廊の奥からの見上げ
歪んだ写真になってしまいましたが、身廊側廊天井の交差ボールトの様子が良くわかります。

p3171412-1.jpg
側廊の壁に並ぶ絵画
p3171412-2.jpg

この教会の絵画の中で、一番有名なのは、左側廊の中央辺りにありました。
p3171428-1.jpg
聖三位一体  マザッチョ作  1426~1428年
マザッチオは初期ルネッサンスを代表する1人で、絵画に初めて遠近法を用いたと言われる、マザッチオの代表作の1つです。
遠近法を発見した建築家ブルネッレスキの協力があったと推測されています。
 
p3171429-1.jpg
身廊、入口横の壁

P3171410.jpg
翼廊
右翼廊から、左翼廊を見る。
左翼廊最奥に見えているのは、マントヴァのストロッツィ礼拝堂

中央礼拝堂の両側、翼廊に並ぶ礼拝堂にも、美しい美術品が一杯です。
p3171406-1.jpg
バルディ礼拝堂  右翼廊
p3171408-1.jpg
ロザリオの聖母  ヴァザーリ作

p3171409-1.jpg
フィリポ・ストロッツィ礼拝堂  右翼廊奥
ステンドグラス  フィリピーノ・リッピ作
左壁 ドルジアーナを蘇生する使徒ヨハネ
右壁 ヒエラポリスのマルス神殿の使徒フィリポ
ステンドグラス下の墓は フィリポ・ストロッツィの墓

教会を出て隣接する回廊へ。
P3171432.jpg
緑に覆われたこの回廊は、緑の回廊 と呼ばれ、その壁面はパオロ・ウッチェッロ等、15世紀の画家達による聖書からの物語 創世記フレスコ画が描かれています。
右奥に、大回廊への入り口が見えていますが、大回廊 は憲兵学校なので入場出来ません。

p3171445-1.jpg

P3171448.jpg

P3171443.jpg


P3171436.jpg
スペイン人礼拝堂
中庭に面するこの礼拝堂は、壁・天井一杯に ボナイウート作フレスコ画 が描かれています。
もともとは聖堂参事会員室として1350年に建設されたもので、フィレンツェ大公国のコジモ1世の妃である エレオノーラ・ディ・トレド の随臣たち専用の礼拝堂として使用されたため、この名称になっています。

p3171437-1.jpg
礼拝堂奥の祭壇

P3171439.jpg
天井画は キリストの昇天


p3171440-1.jpg


そろそろ電車に乗る時間が近付いてきました。 建物を出て教会前の広場を見る。
P3171399.jpg
サンタ・マリア・ノヴェッラ広場

P3171450.jpg
サンタ・マリア・ノヴェッラ広場から、ホテルに戻る為、美しいゴシック風の尖頭アーチの塀を見ながら、アヴェッリ通りを通って駅方面へ。

この後は、ヴェネチアへ向かいます。
スポンサーサイト
  1. 2016/12/13(火) 19:01:25|
  2. イタリア旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumainoact.blog58.fc2.com/tb.php/1900-088ae28a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad