アクトデザイン凛太郎のブログ

住まいのこと、ネコのこと、身の回りのこと、今思うことを綴っていきます

ヴェネツィア散策 - 7 広場を囲む建物④ ドゥカーレ宮殿Ⅰ外観

海からヴェネツィアに上陸すると、最初に旅人を出迎えてくれるのが、ドゥカーレ宮殿の優雅な美しい姿です。

p3192024-1.jpg

p3181505-1.jpg
ドゥカーレ宮殿

p3181661-1.jpg
西 ( 広場 ) 側外観
左端に カルタの門 ( 布告の門 ) が見えています。

p3181661-2.jpg
3層中央の尖頭アーチ窓上の彫像は有翼の獅子 と ひざまづくドーチェ:アンドレア・グリッティ

P3181670.jpg
南 ( 海 ) 側外観
ドゥカーレ宮殿ヴェネツィア共和国ドーチェ ( 総督 )の官邸 兼 政庁舎だった建物。
9世紀初頭に城砦として建設され、14世紀(1309年)から16世紀にかけて、現在の優雅な美しい姿に改修されました。

p3181667-1.jpg
華麗に美しく連続するゴシック風尖頭アーチ、特に2層のアーチに施された四つ葉状柱頭は、イスラム建築の影響が見られる細やかな装飾が施され、ヴェネツィアン・ゴシック様式の最高峰と言われています。

P3181665.jpg

p3181664-1.jpg
アダムとエバァ

P3181672.jpg

p3181670-1.jpg
ヴェネツィアン・ゴシック様式の特徴と言える四つ葉状柱頭は、先日紹介したカナル・グランデ沿いに建ち並ぶ宮殿にも、多く採用されていましたね。
それにしても、薄ピンク色の外壁が何とも美しい。

治安の大変良かったヴェネツィアの建物はどれも優美で、外敵に攻められることなど、全く想定していないような造りです。
内乱や政変が続いたフィレンツェ共和国の政庁舎、ヴェッキオ宮殿の武骨な外観とは実に対照的です。

p3181663-1.jpg
カルタの門 ( 布告の門 ) 
オリジナルの設計者は ボン兄弟 ですが、1797年に破壊された為、現在見られるものは19世紀に修復したものです。

p3181663-2.jpg
門の上には、ここでも ドーチェ ( 総督 ) と有翼の獅子 の像のレリーフが施されています。
両側の壁龕には、
上段 / 慎重 の像 ( ボン兄弟作 )
下段 / 節制 の像 ( アントーニオ・リッツォ作 ) が飾られています。
写真右下に写る、宮殿北西角に当たる開廊1層の円柱上には ソロモンの裁き ( ピエトロ・ランベルティ、ナンニ・ディ・バルトロ作 )
門の奥には 巨人の階段 が見えます。

スポンサーサイト
  1. 2016/12/31(土) 18:25:05|
  2. イタリア旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumainoact.blog58.fc2.com/tb.php/1905-503b2261
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad