アクトデザイン凛太郎のブログ

住まいのこと、ネコのこと、身の回りのこと、今思うことを綴っていきます

ヴェネツィア散策 - 9 広場を囲む建物⑥ ドゥカーレ宮殿Ⅲ 黄金階段、四角の広間

明けましておめでとうございます。
本年もアクトデザイン凛太郎のブログを、宜しくお願いします。

新年の第一回めは、ドゥカーレ宮殿の三回目です。

残念ながら 巨人の階段 を上ることは出来なかったので、他のルートから2階の黄金の階段 を目指します。

P3181527.jpg
中庭の囲む開廊は、4本あるいは5本の細い柱を束ねてアーチを支えています。

p3181528-1.jpg
ライオンの口 ( 密告の口 or 真実の口 )
これは中庭の壁で見掛けたもので、人の顔に見えますがライオンの顔だそうです。
十人評議会への密告書を受け付ける投函口になっており、ドゥカーレ宮殿に限らず、共和国の彼方此方に設置してあったそうです。


黄金の階段 ( スカラ・ドーロ )
p3181530-1.jpg 
サンソヴィーノの設計 で1538年に着工し、1559年に スカルパニーノ が完成させます。
ドーチェが公式行事で使用した特別な階段で、高官や判事のみが使用が許された二つの扉があり、控えの間 判事の間 へ通じています。
さあ、いよいよ2階の開廊から黄金の階段 を上り、宮殿の室内へ入っていきます。

p3181531-1.jpg
2階開廊から見上げ

p3181533-1.jpg
3階踊り場から見下げ

P3181536.jpg
ヴォールト天井黄金色の漆喰フレスコ画で飾られています。

P3181539.jpg
4階から3階踊り場を見下げ
この階段は上がる者を威圧し、ドーチェの権力を見せつける役割もあったのです。


四角の広間
p3181540-1.jpg
天井画は / 公正と平和の寓話を示唆するジローラモ・プリウリ総督 ティントレット作 
黄金の階段 を上って直ぐあるのが、この四角の広間
四角の広間は、この階の各部屋へ行くまでの前室の様な部屋に当たり、この後本格的な控えの間に当たる、隣の 4つの扉の間 ( クアットロ・ポルテ ) へ移動します。

 

スポンサーサイト
  1. 2017/01/05(木) 16:34:00|
  2. イタリア旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumainoact.blog58.fc2.com/tb.php/1906-dd31761d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad