アクトデザイン凛太郎のブログ

住まいのこと、ネコのこと、身の回りのこと、今思うことを綴っていきます

ヴェネツィア散策 - 11 広場を囲む建物⑧ ドゥカーレ宮殿Ⅴ 元老院の間、十人委員会の間

謁見の間 ( コレッジョ ) は、元老院の間 ( サラ・デル・セナート )とも繋がっています。

元老院の間 ( サラ・デル・セナート )
p3181554-1.jpg
この部屋を飾る絵画は、ティントレット、ヤコポ・パルマなどの作品で、ドゥカーレ宮殿サン・マルコ聖堂ゴンドラ 等、ヴェネツィアの観光名所が描かれています。
この部屋の天井も、金色の豪華な装飾の施された格天井ですが、曲線を多用したデザインで、バロック的な印象を受けます。

P3181557.jpg

p1040028-1.jpg

P3181558.jpg

p3181558-2.jpg
上の写真のアップ

p1040029-1.jpg

P3181553.jpg
天井画 / ヴェネツィア称揚 ティントレット作 ( 1584年 )
元老院の間 は、 4つの扉の間 ( クアットロ・ポルテ ) の扉の一つと繋がっていて、一度 4つの扉の間 ( クアットロ・ポルテ ) に戻りってから 十人委員会の間 ( コンシーリオ・デイ・ディエチ )


十人委員会の間 ( コンシーリオ・デイ・ディエチ )
p3181560-1.jpg
十人委員会とは、ヴェネツィア共和国における最高意思決定機関、我国での首相官邸と言ったところでしょうか?
この部屋も多くのヴェロネーゼの絵画で飾られています。
この部屋の格天井も、金色の豪華な装飾ですが、楕円と矩形を組み合わせた、幾何学的なデザインです。

p3181559-1.jpg
天井画 / パオロ・ヴェロネーゼ作
この天井画は、ナポレオンが戦利品として持ち去ってしまった為に、ヴェロネーゼがコピーしたものです。

次回は 羅針盤の間 ( サラ・デラ・ブッソラ ) へと続きます。
スポンサーサイト
  1. 2017/01/05(木) 20:00:00|
  2. イタリア旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumainoact.blog58.fc2.com/tb.php/1913-4aebc0e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad