アクトデザイン凛太郎のブログ

住まいのこと、ネコのこと、身の回りのこと、今思うことを綴っていきます

長期優良住宅化リフォームにも補助金

長期優良住宅化リフォームに補助金

前回は 省エネを考慮したリフォーム工事 に、国から補助金が交付される制度 の受付が始まったことについてお知らせしましたが、今回は長期優良住宅化リフォーム に対して 国から交付される補助金 についてのお知らせです。

【補助金交付の対象となる工事】
 ① 特定性能向上工事 ( 性能向上のための工事 )
 a. 劣化対策 
 b. 耐震性
 c. 維持管理・更新の容易性
 d. 省エネルギー対策
 e. 可変性 ( 共同住宅のみ )
 f. バリアフリー性 ( 共同住宅のみ )

 ② その他性能向上工事 ( ①以外の性能向上工事 )
 ・ インスペクションで指摘を受けた箇所の改修工事
 ・ 外壁、屋根の改修工事
 ・ バリアフリー工事
 ・ 環境負荷の低い設備への改修
 ・ 一定水準に達しないc~fの性能向上に係る工事等

※ 但し、① の a~f までの工事に要する費用が過半であること。
  上記の工事で、
 ・ インスペクション ( リフォ ーム前の住宅の劣化状況の調査 )
   を実施する
こと
 ・ 工事後に一定以上の水準を満たす こと
 ・ リフォーム履歴 及び 維持保全計画を作成する こと
  等が必要となります。

【補助率】
  工事費用の 1 / 3 以下。

【補助限度額】
  100万円 / 戸 迄 。

【事業の流れ】
 リフォ ーム前の住宅の劣化状況の調査    
       ①基礎
       ②外壁・軒裏(構造・雨水)
       ③屋根(雨水)
       ④バルコニー(構造・雨水)
       ⑤天井・小屋組・梁(構造・雨水)
   ⇓    ⑥内壁・柱(構造・雨水)
       ⑦床(構造)
       ⑧土台・床組(構造)
       ⑨基礎・内部(構造)
       ⑩設備配管(給水・給湯管・排水管・換気ダクト)
       ■オプション検査

 長期優良住宅化リフォーム工事
       ①特定性能向上工事
   ⇓    ②その他性能向上工事

 リフォーム履歴の作成 + 維持管理計画の作成
       ①リフォーム履歴
        住宅の平面図とリフォーム箇所・工事内容等が
        把握できるもの
       ②維持保全計画
        構造、外壁、設備等について、インスペクション結果
        点検項目、更新・取替時期等を記載

【特定性能向上工事の水準】 
  a.劣化対策、 b.耐震性、 
  c.省エネルギー対策、 d.維持管理・更新の容易性、
  e.可変性 ( 共同住宅のみ )、 f.バリアフリー性 ( 共同住宅のみ )
  a~f の工事について、以下の二つの基準のいずれかを達成する為の
  リフォーム工事。

  ※ 但し、a. b. については、A基準達成を必須とする。
 ・ S 基準 : 新築の長期優良住宅と概ね同程度の水準
       ( 一部代替基準あり )
 ・ A 基準 : S基準には満たないが一定の性能向上が見込まれる水準

前回お知らせした 「住宅ストック循環支援事業」 に基づく補助金 と比較すると、工事前の調査や性能向上工事の水準、申請手続き等のハードルが高い分、保持金額は高額ななので、本格的なリフォームを検討中の方は、長期優良住宅化リフォームに補助金 についても、詳しく調べてみることをお薦めします。
詳しくは 《 こちら 》 をご覧ください。

スポンサーサイト
  1. 2017/02/01(水) 18:07:43|
  2. 建築
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumainoact.blog58.fc2.com/tb.php/1923-4cdc7f5d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad