アクトデザイン凛太郎のブログ

住まいのこと、ネコのこと、身の回りのこと、今思うことを綴っていきます

白の家 リ・フォーム

2007年春にに竣工した 「白の家 」 のリ・フォーム工事 を行いました。
竣工後、ちょうど10年になる住宅ですが、単なるメンテナンスの為のリ・フォームではなく、家族構成の変化に伴う間取りの変更が最初の相談内容でした。
家族構成の変化」と言うのは、お子様達の独立です。

1,家族構成 ( ライフスタイル ) の変化に伴う ( 部分 ) リ・フォーム

以下の写真は、竣工時の子供部屋の様子です。
IMGP3463-1.jpg IMGP3460-1.jpg
お子様達の独立は、当然予想されたことなので、間仕切りで仕切った小さな部屋を二室造るのではなく、ベットと一体化した本棚とクローゼットで二部屋に分け、
img_5508-1.jpg IMGP3466-1.jpg
子供部屋と廊下も建具ではなくスライドスクリーンで曖昧に仕切っていました。

子供部屋を二部屋に分けていた本棚と洋服ダンス、そして不要になったコーナー出窓前のベッドは取り外しますが、
img_3649-1.jpg IMGP3461-1.jpg
もう一つのベッドと机はそのまま残し、一度取り外した洋服ダンスは壁際に移動して再利用しています。

img_3686-1.jpg
何時取り外すことになっても、簡単な工事だけでで済むように考慮して、家具の下にもフローリングを張っておいたので、若干日焼けとビス穴の補修痕は残ったものの、施主からは「全然気にならない」と言ってもらえて一安心です。

IMG_5510.jpg img_3683-1.jpg
パナソニック - ペリティス / LA型Uオーダーデザイン ( 採光窓5つ )
間仕切りを兼ねていた家具とスライドスクリーンを取り外し、3階を一部屋とした為に、階段室との間に建具 ( 扉 ) も取り付けることになりました。


2,ワン・ランク UP ( 部分 ) リ・フォーム

    img_3642-1.jpg
リビングルームの一角に設置してある洗面ボールの取替えは、打ち合わせ当初は「金額的に余裕があれば」と言うようなものでしたが、最終的には施主 (奥様) が最も拘ったところとなりました。

下の写真は、竣工当時の洗面台
img_5553-1.jpg img_5560-1.jpg
TOTOのモデアシリーズ / パイプフレームタイプ
モデアシリーズはデザイン性が良く、しかもリーズナブルな商品なので、当時は良く採用した洗面台であり、施主にも気に入ってくれていましたが、「白い陶器部分の汚れが気になる」 ようになったので、ボールを 「硝子製に取り替えられないか?」 との事でした。
モデアシリーズには硝子カウンタータイプの商品があるので、メタルフレームはそのまま利用し、カウンターとボールのみの取替えが出来ないかと考えましたが、硝子カウンタータイプは生産中止になっていることが分かりました。
カタログやインターネットで各メーカーの洗面器を調べて候補を絞り、施主に同行して原宿のアドヴァンのショールームに行って来ました。
事前に目を付けていた洗面ボールとは違うものではありますが、ショールームでは施主が一目ぼれするほど気に入った硝子ボールが見付けることが出来たので、原宿まで足を運んでもらった甲斐がありました。

img_3647-1.jpg img_3648-1.jpg
ボールとカウンターが一体となったイタリア製のガラス洗面台。
洗面台周りのモザイクタイルは勿論、丸型の化粧鏡、タオル掛け、化粧棚は既存のままですが、初めからデザインされていたかのように全く違和感はありません。

img_3644-1.jpg
アドヴァン - ガラス製洗面ボール/Plitt ( W700 ) + 混合水栓/VERA
天井にダウンライトも取り付けたので、モザイクタイルが照らされて、洗面台と言うよりも、ニッチの様に見えます。

img_3680-1.jpg img_3681-1.jpg
永大 - アーバンモードα / スライドインドア-4Z
普段はほぼ開けっ放しの廊下にも、折戸風のスライドインドアを取り付けました。
折れ戸タイプのこのタイプのドアは、通常はトイレや洗面所などの、狭い空間に設置する為の商品であり、他メーカーにはトイレや洗面所用のものだけで、この商品の様な窓の在る居室用の商品は見付けられませんでした。
開けっ放しの事が多いので、洋服やズボンのポケットが引っ掛り難いように、ハンドルはブッシュタイプにしています。
指を挟まないようにする為の機能など、なかなかに優れ物の木製建具だと思います。
今までは木製建具はオリジナルデザインのものを使うことが多かったのですが、既製品の機能性の良さには脱帽せざるおう得ません。

3,メンテナンス リ・フォーム

初めに メンテナンスの為のリ・フォーム ではないと書きましたが、勿論必要なところのメンテナンスは行っています。
    img_3664-1.jpg
外壁が全て白い家なので、設計当時も外壁が汚れないように気を配ったお掛けで、若干の雨だれが確認されるだけで、2・3階のガルスパン ( アイジー工業 ) と1階のフラット塗装の部分共に、白い壁の部分には、殆ど汚れは見られませんでした。
駐車場の土間コン部と、レッドシダーのバルコニーの腰壁を高圧洗浄し、木部にはオスモを塗装を行いました。

img_3672-1.jpg
作業風景

img_3665-1.jpg
高圧洗浄すると、真っ黒に汚れた水が大量に流れたものの、レッドシダーは全くと言っていいほど傷んでいませんでしたが、竣工時の様な白木の様な色ではなく、飴色の落ち着いた色に仕上がりました。

img_3669-1.jpg
施主は気が付いていないようでしたが、外部で唯一、外付けブラインドシャッターの所にだけ雨筋の汚れが出来ていました。
また、ほぼ同じところに、6年前の震災の時に、細いクラックが入って気になっていたので、補修してもらいました。

    img_3671-1.jpg

この他は屋上のFRP防水のトップコートの塗り直しを行っています。
スポンサーサイト
  1. 2017/04/25(火) 11:22:00|
  2. 最新現場状況
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumainoact.blog58.fc2.com/tb.php/1937-7b44a98d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad