アクトデザイン凛太郎のブログ

住まいのこと、ネコのこと、身の回りのこと、今思うことを綴っていきます

会津若松 散策 8 七日町通り・上の区・桂林寺通りエリアⅢ

七日町市民広場の在る交差点を左折し、ちょっとだけ七日町通りを離れて桂林通りを沿いの建物を見学します。

p1012389-1.jpg
満田屋

建築年 / 江戸~明治期
所在地 / 会津若松市大町1丁目1-25
会津若松市歴史的景観指定建造物 平成9年度指定

会津若松市ホームページには
「蔵の連なりが会津の歴史を醸し出し、周囲の建物とともに景観性に秀でている。
連続性は景観には重要であり、良好に維持管理されている。」
と記されています。
「会津若松」「グルメ」で検索すると、必ず上位に出てくる満田屋は、1834年 ( 天保5年 ) に初代満田善内が現在地に居を構え、塩の販売と味噌の製造小売を始め、1871年 ( 明治4年 ) に明治政府の許可を得て本格的に味噌の製造販売を開始し、1972年 ( 昭和47年 ) からは、店舗を増床改築して味噌田楽コーナーを設置して、焼きたての味噌だれを、串に刺した餅や揚げ豆腐、野菜、乾魚などにつけた田楽焼を頂くことが出来ます。


白い蔵造り満田屋の隣には、格子窓が目を引く建物が在ります。
会津天宝醸造-2
会津天宝醸造

建築年 / 1921年 ( 大正10年 )
所在地 / 会津若松市大町1丁目1-24
会津若松市歴史的景観指定建造物 平成21年度指定

会津若松市のホームページには
「旧桂林寺町通りに平入りで配置された建造物であり、木製の連続する格子戸が印象的であり、周囲の指定建造物と共に良好に保存・活用されている。」
と記されています。

会津天宝醸造-1


満田屋の向いには
p1012388-1.jpg
花と陶器永山 ・ 桃里道

花と陶器永山
花と陶器永山

建築年 / 1916年 ( 大正5年 )
所在地 / 会津若松市大町1丁目30・28
会津若松市歴史的景観指定建造物 平成10年度指定

花と陶器永山について会津若松市のホームページには
白漆喰黒漆喰に塗りわけられた重厚な土蔵商店建築の店蔵は、周囲の建物よりもひとまわり高い造りで、桂林寺通りの界隈でも一際存在感のある建造物である。」
と記されています。
窓周り軒周りなどには黒く着色して、漆喰塗りの白壁との対比により、和モダンな印象を醸し出しています。


再び七日町通りに戻ります。
p1012391-1.jpg
心眼美望館

左奥の建物は、蔵を改修したものかもしれませんが、右側の建物は、街並みに合わせてデザインした新しい建物ではないかと思います。
世界の古代の人々が何に神秘を見いだしてきたのかをテーマに数々の神器や仏像を展示しているそうです。


七日町通り大和町通りの交差点
p1012392-1.jpg
大久保商店


更に七日町通りを進みます
p1012394-1.jpg
尚伸株式会社
建築年 / 不明
所在地 / 会津若松市七日町8−4

化粧柱状の額縁半運アーチの装飾が施された三連窓が特徴の、モルタル造形の看板建築
ギャラリーに改修されている1階部は、最低限まで簡略化された、古典的装飾が見られます。

p1012396-1.jpg
向かって左隣りの黒い蔵造りの建物は井上一夫商店
120年前に建てられた蔵を改装して、2009年に骨董品店としてオープンしました。
漆器類を始め、長年趣味として収集した店主のコレクションを1、2階で販売しています。

所在地 / 福島県会津若松市七日町8-5


p1012397-1.jpg
古布・骨董笑美
所在地 / 会津若松市七日町2

様々な洋風建築看板建築漆喰塗り蔵造りの建物が並ぶ中、ルネッサンス風の窓を持つ、蔵造り煉瓦造りをミックスさせたような、和洋折衷の商店建築も見付けました。

p1012399-1.jpg
古布・骨董笑美 の向いに建つ建物

かなり傷んでいるようにも見えますが、上手に改修すれば、面白いデザインの店舗になりそうな気がします。

スポンサーサイト
  1. 2017/05/30(火) 08:00:00|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumainoact.blog58.fc2.com/tb.php/1958-f9262d23
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad