アクトデザイン凛太郎のブログ

住まいのこと、ネコのこと、身の回りのこと、今思うことを綴っていきます

自由学園明日館 内部

自由学園明日館の二回目。 今日は明日館の内部を紹介します。

p6020642-1.jpg
ホール
吹抜けのある中央のホールから、外観の大きな特徴にもなっている、いかにもライトらしいデザインのベース型の五連窓を見る。

p6020644-1.jpg
壁や天井に施された木のボーダーライト独特のデザインです。

p6020647-1.jpg
ホール全部が吹抜けなのではなく、一部にロフト状の2階があり、

p6020646-1.jpg
2階の下部の天井が低いエリアには暖炉があります。

p6020645-1.jpg
暖炉周り大谷石で造られています。
大谷石は 帝国ホテル や 山邑邸 でも多用された石材で、日本におけるライトが設計した建物の代名詞の様な感があります。
大谷石は日本では門塀などではよく使われている石材ですが、建築物の建材としてはそれ程一般的ではないように思います。
ライトは入手し易く、加工がし易いと言う理由で、大谷石を使用しています。

p6020650-1.jpg
2階部からホールを見下ろす。
2階部はライトの資料館になって模型なども展示してあります。

p6020640-1.jpg
近江ゼミの新年会の時に、集合写真を撮った時と同じアングルです。

p6020627-1.jpg
ホール1階の照明器具は、外部と同様に大谷石の柱と一体にデザインされています。

p6020651-1.jpg
ホールの2階、1階の柱の延長部の照明です。

内部のもう一つの見所の食堂です。
p6020654-1.jpg
講習会の休憩時間に撮影。

p6020664-1.jpg


p6020653-1.jpg
どうしても主催者の方や参加者の皆さんが写ってしまうので、視線を上げて先ずは照明から

p6020632-1.jpg

p6020665-1.jpg


p6020668-1.jpg
休憩時間中に、主催者からライトデザインの食堂用の椅子が紹介されました。
右の小さい椅子がオリジナルデザイン。
背の低かった当時の女学生の身長に合わせているので、かなり小さめです。
明日館が結婚式などに利用出来るようになり、体格の良くなった女性や、男性でも座りやすいように、オリジナルデザインを踏襲して造られたのが、左の椅子。

p6020670-1.jpg
オリジナル

p6020672-1.jpg
ホールの椅子


約4時間半の講習会も終わり、会場が懇親会の為にホール移ったので、誰もいなくなった食堂に戻って写真を撮らせてもらいました。
p6020680-1.jpg

p6020683-1.jpg

p6020682-1.jpg

p6020687-1.jpg

p6020691-1.jpg

p6020688-1.jpg

p6020689-1.jpg
似たようなアングルの写真ばかりですが、ちょっとずつ範囲と角度が誓うので、沢山アップしちゃいました。


p6020681-1.jpg
食堂の中央北側の付室を見る

p6020685-1.jpg
食堂の東西両側に在る付室の窓

p6020686-1.jpg

p6020684-1.jpg
隅から隅までデザインに全く手抜きのない建物です。

p6020629-1.jpg
西側エントランス扉を室内から見る

p6020624-1.jpg
東側エントランス扉を室内から見る

p6020609-1.jpg
大教室としま と 会議室間の廊下の窓

吹抜けのホールと勾配天井の食堂を除いて、明日館の天井は驚くほど低く設計されています。

食堂の椅子と同様に、戦前の日本人の身長に合わせて、低く設計されています。

スポンサーサイト
  1. 2017/06/10(土) 11:50:00|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumainoact.blog58.fc2.com/tb.php/1966-150ec9c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad