アクトデザイン凛太郎のブログ

住まいのこと、ネコのこと、身の回りのこと、今思うことを綴っていきます

会津若松 散策 12 野口英世青春通りⅠ

末廣酒造 嘉永蔵 での酒蔵見学コースでは、最後に試飲とは思えない程、何杯も美味しい大吟醸を飲ませてもらいました。
ほろ酔い気分と、お土産に買った日本酒の重さに加え、朝からの疲れも相まって、散策する足取りも鈍くなってしまいましたが、かなり陽も落ちてしまっていたので、重くなった足を頑張って動かして、野口英世青春通りに向かいました。

p1012517-1.jpg
紀州屋1934 BUS CAFE

建築年 / 1934年?
所在地 / 会津若松市大町1-1-57

P1012518.jpg
建物の詳細は不明ですが、野口英世青春通りにある赤いバスが目印のお店です。

p1012518-1.jpg
1920年代に作られたと言うアスキス社製のボンネットバスは、通りからも一際目を引く店のシンボルになっています。
赤いバス内はキッチンになっていて、カフェスペースでコーヒーを飲んど一休みも出来ます。

P1012516.jpg
黒漆喰の建物が並んでいます。
夕方で陽が落ちてしまったので、残念ながら闇に溶け込んでしまい、建物がちゃんと写っていません。

p1012516-1.jpg
野口英世青春館 ・ 福西本店・大町ガス燈

2017-06-20.jpg
野口英世青春館 ( 旧會陽医院 )
建築年 / 1890年 ( 明治23年 )
所在地 / 会津若松市中町4−18
会津若松市歴史的景観指定建造物 平成9年指定

和瓦葺の寄棟屋根、外壁は黒漆喰仕上げの建物
煉瓦タイル張りの腰壁や、玄関ポーチはどことなく洋風で、全体として和洋折衷の感のある建物です。

P1012515.jpg
福西本店・大町ガス燈

建築年 / 1914年 ( 大正3年 )
所在地 / 会津若松市中町4-16
会津若松市歴史的景観指定建造物 平成9年度指定

会津若松市のH.Pには
土蔵商店住宅の代表的なもので、外観が建築当時の形状で良好に維持管理されている。
また、歴史性が顕著であり、まとまりとしての景観性にも優れている。」
と記されています。

2017-06-17 (1)
切妻、和瓦葺の黒漆喰塗り土蔵商店建築です。
1階部分は大きく張り出し、煉瓦で仕上げられています。

2017-06-17 (5)
端部には煉瓦造りの会津風うだつも施されていて、会津銀行、電力会社などを経営していた福西家の繁栄ぶりが伺えます。

スポンサーサイト
  1. 2017/06/18(日) 08:00:00|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumainoact.blog58.fc2.com/tb.php/1971-84be7ea1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad