アクトデザイン凛太郎のブログ

住まいのこと、ネコのこと、身の回りのこと、今思うことを綴っていきます

会津若松 散策 16 博労町通り・甲賀町通りエリアⅡ

ゑびす亭の在った博労町通りから裏道に入り、甲賀町通りに出ると鶴ヶ城を目指して南に歩くと、通りは一段と広くなり、彼方に天守が見えて来ました。
鶴ヶ城の近く迄来ると、立派な造り酒屋が見えて来ました。

PB012533.jpg
會津宮泉銘醸
建築年 / 大正期
所在地 / 会津若松市東栄町8 東栄町8-7
会津若松市歴史的景観指定建造物 平成11年度指定

外壁は漆喰塗りで腰壁は下見板張り
柱梁の木部を表した真壁造りの部分と、柱梁を表さない蔵造りの部分で、かなり印象が異なります。
屋根形状も切妻、寄棟、入母屋、腰屋根と入り混じっていてますが、雑多な印象は全くなく、洗練されたデザインに仕上がっています。

pb012531-1.jpg

会津若松市のH.Pには
「鶴ヶ城の玄関口、北出丸大通りに位置する蔵の家並みは、大正時代に建築された仕込み蔵等で、この界隈の歴史を感じさせる町並みの核となる貴重な土蔵群である。」
と記されています。

pb012532-1.jpg
とても綺麗に維持管理されているらしく、とても大正期に建てられた建物には見えません。
造り酒屋を示す 酒林 も新しい物に見えます。

PB012535.jpg
酒蔵と言うよりも、大名屋敷のように見える見事な建物群ですが、重なり合う屋根の奥に、造り酒屋には必ずある、煉瓦積みの煙突が在るので、造り酒屋なのだと確認出来ます。

pb012614-1.jpg
裏側に回ってみると、表とはかなり印象の異なる、黒漆喰塗りと、黒く塗装された板張りの外壁の蔵が在ります。
屋根が切り妻に統一されている点も、表側の印象とは異なるり、こちら側の方が造り酒屋らしい気もします。


更にお城に近付き、堀の直前の北出丸交差点にも、漆喰塗りの重厚な蔵造りの店舗が在ります。
PB012537.jpg
會津葵本店
所在地 / 会津若松市追手町4-6

pb012539-1.jpg
恐らく古い建物ではないと思うのですが、土で造られた2階や入口観音開きの扉は重厚です。

更に進んで行くと、堀沿いにもこんな建物が
PB012611.jpg
会津葵シルクロード文明館
所在地 / 会津若松市追手町4−6

煉瓦積みの蔵に見えるこの建物は、一見古い建物のようにも見えますが、どうやら新しい建物のようです。
但し材料は3年掛けて集められた古材が使われていて、地元の民家の太い梁や古材、三菱伸銅株式会社加熱炉の耐火レンガ3万個などをを再利用し、大黒柱や手すりに欅材をふんだんに使用されているそうです。 


ゑびす亭の在った博労町通りから裏道に入り、甲賀町通りに出ると鶴ヶ城を目指して南に歩くと、通りは一段と広くなり、彼方に天守が見えて来ました。
鶴ヶ城の近く迄来ると、立派な造り酒屋が見えて来ました。

PB012533.jpg
會津宮泉銘醸
建築年 / 大正期
所在地 / 会津若松市東栄町8 東栄町8-7
会津若松市歴史的景観指定建造物 平成11年度指定

外壁は漆喰塗りで腰壁は下見板張り
柱梁の木部を表した真壁造りの部分と、柱梁を表さない蔵造りの部分で、かなり印象が異なります。
屋根形状も切妻、寄棟、入母屋、腰屋根と入り混じっていてますが、雑多な印象は全くなく、洗練されたデザインに仕上がっています。

pb012531-1.jpg

会津若松市のH.Pには
「鶴ヶ城の玄関口、北出丸大通りに位置する蔵の家並みは、大正時代に建築された仕込み蔵等で、この界隈の歴史を感じさせる町並みの核となる貴重な土蔵群である。」
と記されています。

pb012532-1.jpg
とても綺麗に維持管理されているらしく、とても大正期に建てられた建物には見えません。
造り酒屋を示す見事な も新しい物に見えます。

PB012535.jpg
重なり合う屋根の奥に、造り酒屋には必ずある、煉瓦積みの煙突が見えます。

pb012614-1.jpg
裏側に回ってみると、表とはかなり印象の異なる、黒漆喰塗りと、黒く塗装された板張りの外壁の蔵が在ります。
屋根が切り妻に統一されている点も、表側の印象とは異なるところでしょう。


更にお城に近付き、堀の直前の北出丸交差点にも、漆喰塗りの重厚な蔵造りの店舗が在ります。
PB012537.jpg
會津葵本店
所在地 / 会津若松市追手町4-6

pb012539-1.jpg
恐らく古い建物ではないと思うのですが、土で造られた2階や入口観音開きの扉は重厚です。

更に進んで行くと、堀沿いにもこんな建物が
PB012611.jpg
会津葵シルクロード文明館
所在地 / 会津若松市追手町4−6

煉瓦積みの蔵に見えるこの建物は、一見古い建物のようにも見えますが、どうやら新しい建物のようです。
但し材料は3年掛けて集められた古材が使われていて、地元の民家の太い梁や古材、三菱伸銅株式会社加熱炉の耐火レンガ3万個などをを再利用し、大黒柱や手すりに欅材をふんだんに使用されているそうです。 

スポンサーサイト
  1. 2017/07/05(水) 08:00:00|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumainoact.blog58.fc2.com/tb.php/1977-ec81ab8c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad