アクトデザイン凛太郎のブログ

住まいのこと、ネコのこと、身の回りのこと、今思うことを綴っていきます

中銀カプセルタワービル

2ヶ月ほど前に、パナソニック汐留ミュージアムを見に行ったつでに立ち寄りました。

p7080806-1.jpg
中銀カプセルタワービル
設計者 / 黒川紀章
建築年 / 1972年 ( 昭和47年 )
所在地 / 中央区銀座8-16-10

黒川紀章の代表作であるばかりではなく、菊竹清則らと提唱した新陳代謝する建築メタボリズム建築の代表作であり、数少ない実現された建築と言える建物です。

p7080828-1.jpg
時代を感じさせない斬新なシルエットはそのままですが、外装の痛みと汚れは激しく、塔屋の錆は酷いものです。

p7080829-1.jpg
竣工後30年を経過した頃から建て替え問題が持ち上がり、設計者の黒川氏は、メタボリズムの設計思想に基づいて、カプセルの交換によって問題を解決を提案しましたが、過半の所有者は建て替えを支持するも、建替えに必要な80%の以上の賛成は得ていないのが現状の様です。

p7080811-1.jpg
昼食をとった汐留シティーセンターからの鳥瞰

p7080832-1.jpg
こちらはぐっと近付いてからの見上げ
タイルなどの外装の落下防止の為のネットが貼られているのは、鳩防止の為でしょうか?

p7080830-1.jpg

p7080833-1.jpg
住居階の最下部には既に外されているカプセルがあるのか、上階の下水配管が露出しています。

p7080835-1.jpg

p7080831-1.jpg
未来的なデザインのエントランスドアーにも、味もそっけもない張り紙がされています。

p7080836-1.jpg
ピロティーによって地面と建築を分離してきたモダニストの設計とは思えない足元のデザイン。
p7080837-1.jpg
スポンサーサイト
  1. 2017/08/27(日) 12:36:31|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

久々にコメントします
私も以前、汐留シティーセンターに行った際に見下ろすアングルしたかったのですが無料エリアでは無理で、レストランに入ったら見えるかな?とは思いましたが、その理由だけでの入店はやめました
よろしければ店名を教えていただけますか?
銀座ボルドーは解体されてしまいましたが、ここも今後どうなるか微妙です
六本木の郵便局が入ったビルは私も気になってました
  1. 2017/09/03(日) 09:03:42 |
  2. URL |
  3. 106 #Mom3fmKk
  4. [ 編集]

106さんへ

ご無沙汰しています。
汐留シティーセンター42階の「和食 えん」だったと思います。昼食付のイベントの招待だったのではっきりとは分かりませんが、ランチだったので、それ程高価ではないと思います。
  1. 2017/09/05(火) 10:05:15 |
  2. URL |
  3. 凛太朗 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumainoact.blog58.fc2.com/tb.php/1994-77d58c86
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad