FC2ブログ

アクトデザイン凛太郎のブログ

住まいのこと、ネコのこと、身の回りのこと、今思うことを綴っていきます

東京駅~皇居~千鳥ヶ淵~靖国神社~市ヶ谷 散策Ⅰ 東京駅①

まだ4月に入ったばかりだと言うのに、東京の桜はかなり散ってしまいました。

先週も週末まで待ち切れず、金曜の午後一般公開されていた皇居乾門通りを見学して来ました。

桜の方は別ブログで紹介しますので、このブログでは建物を中心に紹介していきます。

先ずは久し振りの東京駅から

p3301580-1.jpg

東京駅

設計者 / 辰野金吾

建築年 / 1914年

所在地 / 東京都千代田区丸の内1

駅前広場の工事も終了して綺麗になってますね

p3301584-1.jpg

明治維新以降、工部大学校造家学科(後の帝国大学工科大学、現東京大学工学部)第一期卒業生の4人の内の一人であり、その後長らく近代日本建築界の第一人者として君臨した辰野金吾の設計で1914年に竣工した、帝都東京の顔と言える建物です。

昭和20年(1945年)5月の東京大空襲による火災により、屋根と内装の殆どが失われてしまいます。

同年8月の終戦直後から修復計画が始まり、1947年(昭和22年)に修復が完了した東京駅は南北のドームのデザインは大きく変更されていました。

現在の東京駅は2007年~2012年に行われた大修復を終え、戦災以前の姿を取り戻しています。

修復後直ぐに写真を撮りに来ていましたが、このブログで紹介するのを怠っていたことが今回判明しましたので、改修直後の写真も合わせて紹介いたします。

改修前の東京駅を紹介した記事は ⇒ 《こちら》

改修工事直後の2012年10月17日に撮った写真です。

東京駅リニューアル①

丸の内北口

東京駅リニューアル⑳

丸の内南口、北口のドームが復活しています。

東京駅リニューアル②


戦災後の改修では、ドームだけでなくドームを持ち上げている一層分の外壁省いていたので、外観の印象はかなり違ったものになりました。

東京駅リニューアル③


img_3045-1.jpg


東京駅リニューアル⑦

ドームだけでなく手前の飛び出した塔状部の屋根など、3階の屋根以上の部分の装飾も復活しています。

東京駅リニューアル④

新丸ビルから見た全景

駅前広場はまだ工事中でごちゃごちゃとしています。

東京駅リニューアル⑤

中央口と北口を見る

東京駅リニューアル⑩

中央口

建設当時は丸の内南口が乗車口、丸の内北口が降車口と分けて使用されていたそうです。

東京駅リニューアル⑪

赤煉瓦白御影石がリズミカルに並ぶ辰野式フリークラシックスタイルの特徴です。

東京駅リニューアル⑬


東京駅リニューアル⑥

中央の玄関は皇室専用です。

スポンサーサイト
  1. 2018/04/02(月) 18:24:00|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumainoact.blog58.fc2.com/tb.php/2026-3e97677c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad