FC2ブログ

アクトデザイン凛太郎のブログ

住まいのこと、ネコのこと、身の回りのこと、今思うことを綴っていきます

東京駅~皇居~千鳥ヶ淵~靖国神社~市ヶ谷 散策Ⅲ 旧東京中央郵便局・Jタワー・KITTE

 今回紹介する東京中央郵便局の写真も、2012年と2013年に撮影したもので、長い間紹介出来ずにいました。

東京中央郵便局①

大改修を終えた東京駅を紹介で来たこの機会に、近辺の未紹介の建物もアップしたいと思います。

東京中央郵便局④

旧東京中央郵便局  ( 2012年10月7日撮影 )    

1931年に建てられた旧東京中央郵便局は、鉄筋コンクリート造によって柱と梁を日本建築の木組み(真壁)風に表したデザインで、西洋風洋式建築が主流だった時代の中、装飾を排除し開口を最大限に設けた合理的で開放的な近代建築と高く評価された建物でした。

キッテ②

( 2013年11月3日撮影 )

鈍角な角地に面したエントランス上部の曲線のデザインからは、表現主義の雰囲気も感じられます。

設計者 / 吉田鉄郎 ( 逓信省経理局営繕課 )

建築年 / 1931年

所在地 / 東京都千代田区丸の内2-7

東京中央郵便局③

( 2012年10月7日撮影 )

東京中央郵便局②

( 2012年10月7日撮影 )

2008年に再開発計画が発表されますが、旧局舎の歴史的価値の高さから、建築学会や当時の鳩山邦夫総務大臣らからの保存を求める声が上がり、旧局舎の解体工事は一時中止され、様々な議論の末、旧庁舎の保存部分を拡大し前面通りに面かる外壁と2スパン分を保存する、ファサード保存に近い再利用案が採用さ、保存された部分の後方に、高さ約200mのガラスのスカイスクレーパーが建設されました。

鳩山総務相の記者会見における「トキを焼き鳥にして食わないで、剥製(はくせい)が残るような設計変更をお願いし、再開発をしてもらう」と発言は印象的でした。

東京中央郵便局⑤

JPタワー  ( 2012年10月7日撮影 )

設計者 / 菱地所設計

建築年 / 2012年

キッテ③

( 2013年11月3日撮影 )

キッテ⑤

KITTE  ( 2013年11月3日撮影 )

内装デザイン / 隈研吾

完成年 / 2013年

キッテ⑥

保存改修された旧局舎部分と、高層タワーの間に設けられた3角形のアトリウムは、地下1階から地上6階が商業施設は、「切手」と「来て」の意味合いを込めて「KITTE(キッテ)」と名付けられ、2013年3月21日されています

キッテ⑦


スポンサーサイト
  1. 2018/04/29(日) 12:21:00|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumainoact.blog58.fc2.com/tb.php/2029-3855db38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad