FC2ブログ

アクトデザイン凛太郎のブログ

住まいのこと、ネコのこと、身の回りのこと、今思うことを綴っていきます

東京駅~皇居~千鳥ヶ淵~靖国神社~市ヶ谷 散策Ⅳ 日本工業倶楽部会館

良い機会なので、今回も東京駅丸の内側に建つ建物で、このブログでまだ紹介していなかった写真をアップします。

日本工業倶楽部会館は前回紹介した東京中央郵便局とは反対側に当たる、皇居に向かって右(北)側に建つレトロな建物です。

img_3054-1.jpg

日本工業倶楽部会館  ( 撮影 2012年10月7日 )

「新建築 建築ガイドブック」には、「ルネッサンスを基調としてゼツェッションを加えた、いわばユーゲントシュティール様式で、当時のアメリカ式オフィスビルの典型でもある。RC造で1階回りは花崗岩。上部は化粧煉瓦貼り。玄関軒上の男女像がもつハンマー(石炭)と糸巻(紡績)は、当時の日本2二大産業を表す。」と記されています。

img_3072-1.jpg

設計者 / 松井貴太郎・横河工務所

建築年 / 1920年

所在地 / 千代田区丸の内1-4-6

img_3055-1.jpg

国賓を迎えることを考慮して、正面玄関は幅が広くとられていて、白い御影石で造られたエントランス庇は、ドーリス式 オーダー柱で支えられています。

img_3056-1.jpg

この建物も、2003年(平成15年)に建替えられますが、南側部分が保存・再現されています。

img_3057-1.jpg

正面屋上に置かれた男女の像は、小倉右一郎の作品で、男性はハンマー、女性は糸巻きを手にしています。

スポンサーサイト
  1. 2018/04/30(月) 12:17:00|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumainoact.blog58.fc2.com/tb.php/2030-1c41c5b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad