fc2ブログ

アクトデザイン凛太郎のブログ

住まいのこと、ネコのこと、身の回りのこと、今思うことを綴っていきます

あけぼの子どもの森公園-その1

3連休の初日に前々から行ってみたかった「あけぼの子どもの森公園」に行って来ました。子供公園で遊ぶ年齢ではなくなった子供達を家に残して、奥さんと二人で久しぶりのドライブです。
この公園は埼玉県飯能市の入間川にほど近い丘陵地帯に、1997年にオ-プンしました。
敷地はできるだけ造成せずに、自然を生かした姿で活用されています。
公園内施設の設計は以前紹介した「リリエンベルグ」の設計も手がけた、村山雄一氏です。
公園計画の基本理念は、フィンランドの童話「ム-ミン」に描かれる「自然を大切にして、人権を尊重する心」にあるそうです。

まずは第一弾として「ム-ミン屋敷」を紹介します。
外観
雨に濡れて少々汚れて見えますが、周りの森にマッチして気になりません。
屋根にはここでも緑化が設けられています。
あけぼの ダイニング
玄関を入るとすぐにダイニングキッチンがあります。
実際の家庭にも使えそうで、リアルで素敵なスペ-スです。
あけぼの 1階ホ-ル

あけぼの 1階ホ-ル
いこいの広場の階段と暖炉。
曲線階段と楽しい手摺が「次は何かあるのか?」とワクワク感を掻き立てます。
あけぼの ム-ミンホ-ル
階段を上がると2階にはム-ミンホ-ルがあります。
このホ-ルの周りには、おはなし部屋、せんぞの部屋、ひみつの部屋などの畳1帖ほどの小空間があって、しゃがまなければ入れない狭さですが、大人でも年を忘れて入り込みたくなる実に楽しい空間です。
あけぼの トロ-ル
ひみつの部屋の横の階段を数段上がると最上階のトロ-ルひろばがあります。
ム-ミンホ-ル同様、スナフキンの部屋、パパとママの部屋があり、写真の階段を上がるとキャットウォ-クがあってホ-ルの上を一周できます。
大人には辛い狭さですが、僕も一周してきました。
あけぼの 階段
アイアン製の階段手摺
あけぼの 窓
ステンドグラスの窓
写真では楽しさが伝えきれないのが残念です。
子供だけでなく、大人も十二分に楽しめる建物でした。

スポンサーサイト



  1. 2005/10/10(月) 23:47:00|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumainoact.blog58.fc2.com/tb.php/2094-05bf8a81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)