FC2ブログ

アクトデザイン凛太郎のブログ

住まいのこと、ネコのこと、身の回りのこと、今思うことを綴っていきます

神戸散策Ⅲ 相楽園-3 旧ハッサム邸「内部1階」

テラスの中央の半円アーチの玄関から1階に入ります。

pa310554-1.jpg

異人館なので、日本の住宅用に靴を脱ぐための土間スペースはありません。


1階平面図

1階のプランは玄関ホールを含んだ廊下兼階段室を中心に、左右に部屋が並んでいます。

pa310504-1.jpg

壁には濃いオイルステン塗りの腰壁が貼られいます。

pa310505-1.jpg

階段手摺の親柱のレリーフが見事です。

pa310512-1.jpg

階段裏の装飾も凝ってますね。

pa310519-1.jpg

階段の側面も、裏側と同じデザインです。

廊下の奥にはトイレが見えています。

pa310517-1.jpg

トイレ

広いトイレには腰壁が貼られており、便器は当然洋風です。

pa310518-1.jpg

トイレから見た階段下物入の扉。

右は配膳室。

pa310549-1.jpg

トイレの隣の扉から見えるのは、別棟の厨房と使用人室です。

玄関ホールに戻って、左側(南西)の部屋に入ってみましょう。

pa310544-1.jpg

食堂

左手にはテラスに続く両開きの掃き出し窓。

中央奥の壁はベイウィンドゥ-。 右手は配膳室に続きます。

中央以外の周囲の床は、ヘリンボーン柄に張られているようです。

pa310544-2.jpg

天井は美しいアイアンの照明器具もさることながら、品よく施された天井の装飾もいい感じです。

pa310508-1.jpg

暖炉 白大理石でしょうか?

pa310548-1.jpg

配膳室

ここで玄関ホールに戻ります。

pa310511-1.jpg

右側(南東)の応接室を見る。

pa310545-1.jpg

応接室

右手にはテラスに続く両開きの掃き出し窓。

左手は居間と続いてます。

pa310506-1.jpg

応接室の暖炉のデザインは食堂と同じですが、色は濃い緑の大理石製か?

pa310550-1.jpg

居間

pa310514-1.jpg

居間は暗くて良しとしているのか、ダイニングより暗めの照明器具が設置されています。

pa310515-1.jpg

居間の暖炉は大理石ではなく木製の様に見えます。

pa310546-1.jpg

次回は2階を紹介します。




スポンサーサイト
  1. 2019/03/21(木) 09:55:00|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumainoact.blog58.fc2.com/tb.php/2258-3c2185fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad