FC2ブログ

アクトデザイン凛太郎のブログ

住まいのこと、ネコのこと、身の回りのこと、今思うことを綴っていきます

神戸散策Ⅴ 相楽園-5 船屋形、茶室浣心亭

相楽園の日本庭園は池泉回遊式の日本庭園。

pa310558-1.jpg


pa310479-1.jpg

樹齢約500年と伝えられる大クスノキ

pa310557-1.jpg


pa310559-1.jpg

飛石や石橋を渡り、流れや滝石組など深山幽谷の景を見ることが出来ます。

pa310567-1.jpg


pa310568-1.jpg

pa310562-1.jpg

池の周りには、風景に溶け込むように、船屋形や茶室浣心亭が配置されています。

pa310564-1.jpg


pa310571-1.jpg

船屋形 ( 重要文化財 )

姫路藩主が実際に河川での遊覧に使っていたと言う 川御座船 ( かわござぶね ) を、

屋形部分だけ陸に引き上げたものらしいです。

昭和55年、相楽園に保存のため移築されました。

pa310561-1.jpg

建造年代は、1682~1704年の間らしいです。

pa310565-1.jpg

木造2階建、切妻造桧皮葺。

1階2階ともに「床机の間」「上段の間」「次の間」に分かれています。

pa310570-1.jpg

木部は内外とも全てを春慶塗と黒漆塗に塗分けられ、長押や垂木の先には金箔を施した飾り金具により、華麗で繊細な造りとなっています。

現存する川御座船としては、国内で唯一のものです。

pa310563-1.jpg

茶室浣心亭

pa310569-1.jpg

.

pa310572-1.jpg

.

pa310566-1.jpg

.

pa310575-1.jpg

.

pa310574-1.jpg

.

pa310577-1.jpg

.

pa310576-1.jpg

園内では神戸市菊花展も開催されていました。

pa310478-1.jpg

.

pa310580-1.jpg

.

pa310578-1.jpg

.

pa310582-1.jpg

.

pa310581-1.jpg

最後にもう一度、正門をの写真を撮って、相楽園を後にします。

pa310583-1.jpg

スポンサーサイト
  1. 2019/03/31(日) 18:57:00|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumainoact.blog58.fc2.com/tb.php/2263-c5b7eb81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)