fc2ブログ

アクトデザイン凛太郎のブログ

住まいのこと、ネコのこと、身の回りのこと、今思うことを綴っていきます

神戸散策Ⅻ チャータードビル、神港ビル、朝日会館、生田神社

今回が神戸散策の最終回になります。

神戸市立博物館を過ぎ、再び国道2号に出ると直ぐに見えて来るのが

pa310663-1.jpg 

チャータードビル ( 旧チャータード銀行神戸支店 )

設計者 / J・H・モーガン

建築年 / 1938年 ( 昭和13年 )

所在地 / 兵庫県神戸市中央区海岸通9

この建物にも大丸神戸支店と同様に、イオニア式のオーダー柱が施されていますが、奇数と言うのは珍しいと思います。

ペディメントの施された出入口は、この建物では両サイドに設けられています。

「内部は、装飾が施された折れ天井に、全面に大理石貼りがなされた広大な吹き抜け空間が配されているなど、英国の銀行らしい豪壮な造作になっている。」(Wikipedia)そうです。

隣には

pa310661-1.jpg

神港ビル

設計者 / 木下益次郎

建築年 / 1939年 ( 昭和14年 )

所在地 / 兵庫県神戸市中央区海岸通8

川崎汽船本社ビルとして竣工して依頼、現在でも川崎汽船の登記上の本店所在地で、現役の賃貸オフィスビルとして利用されています。

pa310664-1.jpg

アールデコ風の装飾が施された塔屋は、周りに高層ビルが立ち並んだ現在でも、ひと際目を引く存在です。ライトアップも行われているようです。

この後、時間次第で神戸税関、新港貿易会館、農林水産消費安全技術センターなども見学したいと思っていましたが、そろそろ姫路に向かう時間に近付いて来たので、諦めて荷物を取りに宿泊したホテルに向かうことにしました。

神戸市立博物館の前を通って三ノ宮駅方向へ

pa310667-1.jpg

朝日会館 ( 旧神戸証券取引所 )

設計者 / 渡辺節

建築年 / 1934年 ( 昭和9年 )

所在地 / 兵庫県神戸市中央区浪花町60

pa310668-1.jpg

後方に見えるガラス張りの高層棟のデザインとあまりにもマッチしているので、全て新しいビルに見えますが、扇型の低層部は昭和9年に渡辺節の設計で建てられた旧神戸証券取引所を、1994年に低層部のファサードを残して改修したものです。

神戸散策の最後は

pa310670-1.jpg

宿泊していたホテルの隣に在った神社へ寄ってみました。pa310671-1.jpg

生田神社

なかなかに立派な神社です。

生田神社廣田神社長田神社とともに神功皇后以来の歴史を有する神社で、神戸を代表する神社の一つです。

pa310674-1.jpg

楼門

pa310673-1.jpg

拝殿

昭和13年の神戸大水害昭和20年の神戸大空襲平成7年の阪神・淡路大震災など何度も被害にあいましたが、そのつど復興されてきたことから、「蘇る神」としての崇敬も受けるようになっているそうです。

この後ホテルへ荷物を受け取りに行き、姫路へ向かいます。

スポンサーサイト



  1. 2019/12/23(月) 08:00:00|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumainoact.blog58.fc2.com/tb.php/2283-b657a762
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)