FC2ブログ

アクトデザイン凛太郎のブログ

住まいのこと、ネコのこと、身の回りのこと、今思うことを綴っていきます

パリ旅行記 - 4  ヴェルサイユ宮殿③ 「ヴェヌスの間・ディアーヌの間・マルスの間・メルクリウスの間・アポロンの間」

今日は ヴェルサイユ宮殿 の三回目。 ⑦の ヴェヌスの間 から紹介します。

ベルサイユ2階

p2210913-1.jpg

ヴェヌスの間 ⑦

1670年に造られた部屋。この部屋のデザインは バロック の影響を強く受けているのが分かります。

p2210911-1.jpg

天井画は 神々と強大国を従わせるヴェヌス

ルネ・アントワーヌ・ウアス作

因みに ヴェヌス とは ヴィーナス の事です。

p2210912-1.jpg

ローマ皇帝に扮した青年ルイ14世の彫像 ワレン作

色大理石を駆使した装飾も見事です。

p2210914-1.jpg

窓から北側の庭園を見る。

ディアーヌの間 ⑧ に進みます。

p2210915-1.jpg

ルイ14世の時代にはビリヤード室として使われていました。

p2210918-1.jpg

イーピゲネイアを救うディアーヌ 

ルイ14世はビリヤードに勝つたびに拍手喝采されたので 拍手の間 とも呼ばれたそうです。

p2210916-1.jpg

 

        p2210916-2.jpg

室内には1665年にベルニーニによって製作された ルイ14世の胸像 の他、ディアーヌ にちなんだ絵画や美術品が置かれています。

色大理石の装飾も天井画も壁の装飾も見事です。

p2210917-1.jpg

.

p2210919-1.jpg

窓から北側に伸びる棟を見る

( 今回は見学していない大室礼拝堂より先の部分です)

マルスの間 ⑨

p2210920-1.jpg

天井画は 狼の牽く戦車にのるマルス オーランド作p2210922-1.jpg

当初は 近衛兵の間・儀式の間 として使われていましたが、後に舞踏会や賭け事の社交の場として使用されるようになり 舞踏会の間 とも呼ばれるようになりました。 華やかな装飾はその頃に施されたのでしょうか?p2210925-1.jpg

壁には多くの肖像画が掛けられています。

p2210921-1.jpg

壁の殆どに絵画が掛けられているので色大理石の装飾は見られませんが

p2210924-1.jpg

窓際の壁と床には大理石が見られます。

p2210923-1.jpg


メルクリウスの間 ⑩

p2210929-1.jpg

小ぶりな部屋ですが格天井には沢山の絵画が描かれています。

p2210926-1.jpg

天井に描かれているのはメルクリウス。 すい星を意味します。

p2210927-1.jpg


p2210928-1.jpg

当初はヴェルサイユが正式に宮殿となった時のルイ14寝室で、臨終後は10日程遺体が安置されたそうです。

次の アポロンの間メルクリウスの間 に似たデザインです。

p2210935-1.jpg

アポロンの間 ⑪

この部屋も絵画でいっぱいです。

かつては銀のルイ14世の王座が置かれ、 王座の間 と言われていました。

p2210930-1.jpg

天井画は 太陽の洗車 シャルル・ド・ラフォス作

p2210931-1.jpg

ルイ14世が自分と太陽神であるアポロンを重ね、アポロンが描かれています。

p2210932-1.jpg

 

p2210933-1.jpg

ルイ16世の肖像画 アントワーヌ・フランソワ・カレ作 

p2210934-1.jpg 

ルイ14世の肖像画 イアサント・リゴー作 

スポンサーサイト



  1. 2020/03/22(日) 18:16:00|
  2. パリ旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumainoact.blog58.fc2.com/tb.php/2303-3759e6ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)