FC2ブログ

アクトデザイン凛太郎のブログ

住まいのこと、ネコのこと、身の回りのこと、今思うことを綴っていきます

パリ旅行記 - 35 ( 三日目 ) オペラ・ガルニエ ②

オペラ・ガルニエ の二回目です。

p2241762-1.jpg

観客席を見学出来る、1階のバルコニー席に向かいましょう。

p2241763-1.jpg

バルコニー席は升席の様に個々に仕切られているので、各々に専用の扉があります。

p2241743-1.jpg

床はモザイクタイル貼り

p2241744-1.jpg

左端の開いている扉から客席を見学出来るようです。

p2241744-2.jpg

早速客席に入ってみましょう。

p2241739-1.jpg

劇場内はい座席と金色の装飾で眩いばかりの豪華さです。

p2241738-1.jpg

観客席は奥行き巾共に31m。高さは20mです。

p2241737-1.jpg

夢の花束マルク・シャガール作

現在の天井画はシャガールによるもので古典的なものではなく、1964年にオペラ座エッフェル塔、凱旋門等のパリの名所が描かれています。以前はジュール=ウジェーヌ・ルヌヴーによって描かれたものでした。

p2241737-2.jpg

中央のシャンデリアの重量は7tと記されている資料と8tと記されているものも有ります。1896年には落下事故も起こったそうです。

p2241767-1.jpg

p2241742-1.jpg

ドーム天井を支える2本で一対の柱の頭部を飾る黄金の装飾のは、目を引かずにはいられません。

p2241742-2.jpg

P2241740-1_20200727154944348.jpg

p2241766-1.jpg

座席だけでなく隣との仕切り壁の赤い布クロスも豪華さを強調しています。赤い壁ってあまり見たことはありません。

p2241765-1.jpg

もう一つの見どころ グラン・ホワイエ に移動する前に オルセー美術館 にあった オペラ・ガルニエ の断面模型をご覧ください。

p2231591-1_202007251834492f1.jpg

グラン・ホワイエ は写真向かって右端の縦長の吹き抜け空間で、正面出入口の直上に当たります。

p2241745-1.jpg

ホワイエとは劇場建築において、エントランスホールと観客席の中間地点に位置する人溜まりのスペースで、公園時間の前後や休憩時間に、観客が休憩する為の空間です。

p2241746-1.jpg

勿論、この グラン・ホワイエ は他に例を見ない豪華な装飾が施され、まるで ヴェルサイユ宮殿の鏡の間 を彷彿とさせる空間で、広さは幅13m、長さ54m、高さは18mあり、ミューズ達が描かれた天井画や、2本で一対のコリン式の双子柱をはじめとした、黄金に彩られたスタッコ装飾で飾られたネオ・バロック様式の空間です。

p2241747-1.jpg

天井画は観客席と同様の シャガール の作品。

p2241748-1.jpg

p2241751-1.jpgp2241752-1.jpg

p2241754-1.jpg

p2241755-1.jpg

息を飲むような美しく豪華な装飾です。

p2241756-1.jpg

p2241749-1.jpg


スポンサーサイト



  1. 2020/07/26(日) 11:11:00|
  2. パリ旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumainoact.blog58.fc2.com/tb.php/2354-f62b850c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)