FC2ブログ

アクトデザイン凛太郎のブログ

住まいのこと、ネコのこと、身の回りのこと、今思うことを綴っていきます

パリ旅行記 - 42 ( 四日目 ) シャイヨー宮 ( 建築博物館 - 1 )

コルビジュエギマール設計した近代建築の名作の見学をし、ジャスマン駅からメトロ-9号線で次の目的地の シャイヨー宮 の在るトロカテロ駅へ向かいます。

シャイヨー宮 は古い建物に見えますが、1937年に開催された パリ万博の際に建築されたもので、翼を広げた鳥の様な平面が特徴的な建物です。内部は現在は博物館等になっていて、海洋博物館、人類博物館、建築・文化財博物館、シャイヨー宮劇場などが在ります。今回の目的は勿論 建築・文化財博物館 を見学する為にやって来ました。

p2211053-1.jpg

上の外観は1日目に紹介した エッフェル塔 側の イエナ橋 から撮影したものです。

シャイヨー宮

トロカデロ広場に側から見た シャイヨー宮

カフェるJPG

建築・文化財博物館 のオープンまでにしばらく時間が有ったので、トロカデロ広場に面するカフェで一休みしてから入館しました。

p2241923-1.jpg

まだ調べはついていませんが、ゴシック教会の鐘塔の頂部?

館内には実物大の部分模型や縮小された名建築の模型が並んでいて、時間が在れば一日中でも、何回でもこの場に居たいと思ってしまいます。

p2241920-1.jpg

尖頭アーチ

p2241929-1.jpg

何処かの 凱旋門 でしょうか?

p2241928-1.jpg

ギリシャ・ローマ建築の物ばかりではないのでしょう。見慣れない柱頭の模型や装飾も展示されています。

p2241924-1.jpg

p2241927-1.jpg

ガーゴイルにも色々な種類のものがあるようです。

p2241926-1.jpg

p2241927-2.jpg

p2241914-1.jpg

この模型は セント・シャペル だと思います。

p2241918-1.jpg p2241915-1.jpg

実物は廻りを建物に囲まれて建っているので、全体像が分かり難かったので嬉しいです。

p2241917-1.jpg

これは去年の火災で改修工事中の パリのノートルダム大聖堂

p2241916-1.jpg

p2241919-1.jpg

この教会は何処なのか、色々なゴシック教会を検索してみても調べは付きませんでしたが、学生の頃に購入した手持の資料 ( 建築学体系-5 西洋建築史 ) から ラン大聖堂 だと分かりました。ランの町はパリの北東約120kmに在る小さな町の様ですが、この模型を見る限り、かなり立派な教会堂です。

p2241922-1.jpg

エトワール凱旋門

p2241921-1.jpg

この凱旋門の模型は何処の物か分かりません。ルーブル美術館の前に在る カルーゼル凱旋門とは違います。ローマコロッセオ の隣に在る コンスタンチヌスの凱旋門 とも違います。フォロロマーノ内の ティトゥスの凱旋とも セプティミウス・セウェルスの凱旋門 とはもコリント式の付柱が有るデザインは共通していますが、アーチの通路の開け方が明らかに異なります

アーチの通路の開け方と全体のプロポーションから想像できる規模から想像するに、エトワール凱旋門 の別案なのかも知れません。

次回は近代建築のエリアを紹介します。

スポンサーサイト



  1. 2020/11/24(火) 12:16:00|
  2. パリ旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumainoact.blog58.fc2.com/tb.php/2371-c75c38ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)