fc2ブログ

アクトデザイン凛太郎のブログ

住まいのこと、ネコのこと、身の回りのこと、今思うことを綴っていきます

大阪散策 - 10 難波橋、大阪証券取引所、北浜レトロビルヂング

堺筋を通り北浜~中之島~西天満 を結ぶ 難波橋。橋を守るかのように橋四の隅に ライオン像 が鎮座しています。

pa303537-1.jpg難波橋 北浜岸、向かって左側のライオン像 ( 2021.10.30 撮影 )pa303538-1.jpgimg_1926-1.jpg難波橋 向かって右側のライオン像 ( 2012.06.01 撮影 )

左側のライオンの口は「阿」、 右側は「吽」になっています。

石造のライオン像は天岡均一氏作。橋の四隅の親柱阿形吽形が各2体ずつ飾られていることから ライオン橋 とも言われているようです。

img_1922-1.jpg橋中間部の親柱img_1921-1.jpgギリシャ神殿ペディメントの様な意匠が施されています。ライオン像、親柱欄干等の装飾以外は1975年の改修工事によるものです。

設計者 / 大阪市 + 宗兵蔵 ( 意匠 )

建築年 / 1915年 ( 大正4年 )

改修年 / 1975年 ( 昭和50年 )

所在地 / 大阪府大阪市中央区北浜1・今橋2~北区西天満1

img_1919-1.jpg中之から見る。 ( 2012.06.01 撮影 )

img_1920-1.jpg難波橋 越しに大阪証券取引所 を見る

pa303536-1.jpg大阪証券取引所 ( 旧市場館 )   ( 2021.10.30 撮影 ) この画像のみが去年撮影したものです。青空以外は変化無しに思えましたが、9年前には無かった 大阪取引所 の文字が2021年の画像には映っています。

img_1925-1.jpg( 2012.06.01 撮影 ) 

設計者 /  長谷部竹腰建築事務所

建築年 / 1935年 ( 昭和10年 )

増改築年 / 2004年 ( 平成16年 )

所在地 / 大阪市中央区北浜1-8-16

img_1928-1.jpg( 2012.06.01 撮影 )

角地に面して放射線状に並ぶ角柱を見れば古典建築を踏襲しているのが分かりますが、角柱のオーダーだけでなく、その上の本来は上から「コ―ニス+フリーズ+アーキトレーヴ」から成るエンタブレチュアは一体化され、装飾は一切省かれています。皇居前の第一生命保険本館 ( 設計者 / 渡邊仁 ) のデザインを思わせます。img_1929-1.jpg( 2012.06.01 撮影 ) 扇状に並ぶ角柱間の縦長窓詳細。シックで繊細なデザインの面格子が設置されています。img_1930-1.jpg

土佐堀通りを少しだけ天神橋側に進むとimg_1932-1_2022011818250936e.jpg北浜レトロビルヂング ( 2012.06.01 撮影 )

設計者 / 不詳

建築年 / 1912年 ( 明治45年 )

所在地 / 大阪府大阪市中央区北浜1-1-26

img_1931-1_202201181825232cb.jpg金の夜間のオブジェ兼看板が可愛いです。伝統的な英国風ティールームをイメージしたと言うカフェらしいです。

今回はこちの建物の前は通らずに、堺筋を南に向かったので、9年前の画像のみです。ストリートュ―で現存していることは確認しました。

スポンサーサイト



  1. 2022/01/18(火) 19:01:00|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumainoact.blog58.fc2.com/tb.php/2418-e3f554bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)