fc2ブログ

アクトデザイン凛太郎のブログ

住まいのこと、ネコのこと、身の回りのこと、今思うことを綴っていきます

大阪散策 -26 旧大阪農工銀行、旧明治屋ビル

「大阪散策 - 10」~「大阪散策 - 25」までは、今回宿泊した 堺筋 - 北浜駅 近く在るホテル近辺 ( 淀屋橋・北浜 ) のレトロな建物の数々を、去年10月に撮影した画像に加え、2012年6月に撮影して未紹介になっていた画像も含めて紹介して来ました。今回は 淀屋橋・北浜近辺 の最終回。この後は 大阪城難波・心斎橋 近辺のレトロな建物を紹介して行きます。
先ずはpa303502-1_2022020511295999d.jpg旧大阪農工銀行 ⇒ 旧八木通商本社ビル ( 現グランサンクタス淀屋橋 ) ( 2021.10.30 撮影 )
9年前に訪れた時は、工事用の仮囲いで中が殆ど見えなかったものの、取壊しの最中の様に見えました。後でわかったことですが、この時の工事は全部の取壊しではなく、ファサード保存部分ノミを残した建て替え工事だったようです。
この建物は1918年に、辰野片岡建築事務所 の設計により、大阪農工銀行 として建てられた、2階建ての 赤煉瓦の銀行 だったようです。
設計者 / 辰野片岡建築事務所
建築年 / 1918年 ( 大正7年 )
所在地 / 大阪府大阪市中央区今橋3-2-1
窓詳細①
1929年に国枝博のデザインで 赤煉瓦 を テラコッタ に張り替えて、現在と同じ 中東風デザイン に生まれ変わります。この時点でも2階建てでした。
設計者 / 国枝博
改修年 / 1929年 ( 昭和4年 )
この建物を買い取った八木通商が、1968年から八木通商本社ビルとして使用していました。近代建築散歩-京都・大阪・神戸編 では、取って付けた様な3階部分が乗った写真が掲載されていますが、この頃に増築されたのかも知れません。
2010年頃には八木通商が手放したのか、看板は外されていたらしく、私が訪れた2012年6月には、現況の高層マンションへの、解体 + 建て替え工事 の最中だったのです。

堺筋 に戻り、数百メm南下します。
pa303460-1.jpg風蘭ビルディング ( 旧明治屋ビル ) ( 2021.10.30 撮影 )
三層構成のファサード、整然と並ぶ縦長窓などのレトロな要素はあるものの、装飾は控えめで地味な印象の建物なので、知らなければ戦前最大の建築事務所 曾禰中條建築事務所 が設計した建物とは思わないかも知れません。以前は高級食材を扱う明治屋が入店していましたが、今はコンビニが出店しているので、印象が変わったのかも・・・。
設計者 / 曾禰中條建築事務所
建築年 / 1924年 ( 大正13年 )
所在地 / 大阪府大阪市中央区南本町2-2-2
img_2010-1_202202051131050fd.jpg( 2012.06.30 撮影 )
9前と外観に変化は見られません。
img_2009-1_20220205113051e2e.jpg

pa303463-1_202202051404557ce.jpg( 2021.10.30 撮影 )
9年の間に、建物に変化は無いようですが、今回は解像度の高いカメラで撮影したので、屋上のペントハウスを拡大出来ました。pa303463-2_20220205140506003.jpg
シンプルな建物本体の装飾と比べ、ペントハウスには濃い装飾が施されているのが分かります。
スポンサーサイト



  1. 2022/02/06(日) 08:00:00|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumainoact.blog58.fc2.com/tb.php/2436-ba9df59c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)