fc2ブログ

アクトデザイン凛太郎のブログ

住まいのこと、ネコのこと、身の回りのこと、今思うことを綴っていきます

猫神様 ?

一年前の去年の正月のことです。
家族で町田の義父母の家へ、新年の挨拶に行った時の事です。
娘と近所に買い物に出掛けた途中、小さな石の祠と、その祠に守られるように置かれたビニール傘の屋根の付いた箱を見付けました。
P3273822-1.jpg
小さいうえに、電柱の陰の目立たない場所に置かれていたので、普通なら気が付かづに通り過ぎてしまうのでしょうが、気が付いたのは、何処からか猫の小さな鳴き声が聞こえたからです。
1673842376188-1.jpg
私も娘も猫好きなので、辺りを見回すと、建物とプロックの陰から小さな白黒の猫が現れ、ちょこんと箱の上に飛び乗りました。
丁度小雨が降りだしたところだったので、雨宿りに立ち寄ったのか、ここに住んでいて、雨が降って来たので帰って来たのかも知れません。
1673842370758-1.jpg
よく見ると箱の前には切妻の小庇付きの丸い穴が開いていて、ここが出入口になっている様で、すぅっと箱の中に入って行きました。
小さな猫だとは言え、箱にはそれ程奥行きは無いので、猫の特性として、中に入って180ぐるりと回って向きを反転させて入った丸穴から顔をのぞかせるかと思って見ていましたが、反転することなく、奥に進んで行ったように見えました。まるで洞窟の奥に進んで行くかのように。
二番目の画像に写っていますが、箱の奥にはテントの様なシートがあり、テントと箱は繋がっていて、箱は玄関で奥のテントが猫神様の住まいなのかも知れません。

この写真では伝わらないと思いますが、猫も箱も小さくて、私と娘にとってとても不思議で幻想的な体験でした。
目立たない場所とは言え、手を伸ばせば道路から誰にで届く場所です。
猫を嫌いな人も居るので悪戯をされたりしないのでしょうか? 
この辺りの氏神様に守られているか? 
それとも、この小さな猫自身が 猫の神様 で、近所の人々に大事にされているのかも・・・?

1673842318077-1.jpg
娘が 幻想感 を高める為に、加工して雪を降らせた画像 ⇑ ⇓
1673842312976-1.jpg
雪の効果で、屋根の効果が強調されました。

その後も 猫神様? が気になって何度か行ってみましたが。
P3273823-1.jpg
残念ながら、猫神様 には出会えませんでしたが、相変わらず傘の屋根は付いています。
P3273824-1.jpg
但し去年の正月に来た時は、後ろに見える筒状のテントと繋がっていましたが、この時は離れているように見えます。

今年の正月に行ってみるとビニール傘もテントもは無くなっています。
でも・・・!!
dsc_0398-1.jpg
あっ! 居ました。 猫神様!!
dsc_0395-1.jpg
まるで私に話し掛けるように。
「お~っ! お主か?  達者にしとったか? ワシもちゃんと生きとるニャよ!」とでも言っているのように見えます。
dsc_0396-1.jpg
「また会おうニャ!!」



スポンサーサイト



  1. 2023/01/16(月) 16:58:00|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumainoact.blog58.fc2.com/tb.php/2459-65a79cc3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)