fc2ブログ

アクトデザイン凛太郎のブログ

住まいのこと、ネコのこと、身の回りのこと、今思うことを綴っていきます

大阪散策 - 28 大阪城 - Ⅱ

大阪城 の2回目です。
前回は 桜門桝形の巨石 までを紹介しました。
巨石の後方は広場になっており、広場の奥にやっと目の前に 天守閣 が現れました。
pa303426-1_20230208172803355.jpg

pa303429-1.jpg
勿論、現在の 大坂城 は再建されたものだとは知っていましたが 豊臣秀吉 が1583年~1598年に掛けて建てた 豊臣大坂城 の遺構は殆どが埋められて残っておらず、現在見ることが出来る大坂城の遺構は、1620年~1629年にに掛けて、徳川秀忠 が修築 ( と言っても、ほぼ新築と言えるものらしい ) した 徳川大坂城 の遺構だそうです。
現在でも江戸時代に建てられた櫓や門、蔵など建物13棟、内濠と外濠は現存していますが、天守は1665年に落雷により焼失していて、天守の無い城だったらしいです
pa303423-1.jpg
1931年 ( 昭和6年 ) に再建されたこの 天守閣 は、1931年 ( 昭和6年 ) に、徳川時代に再建された石垣の上に、大坂夏の陣図屏風絵などを参考に復元された SRC ( 鉄骨鉄筋コンクリート ) 造の 復興模擬天守 。
復興されたのは 豊臣大坂城 なんですね。ちょっと 徳川大坂城 が気の毒な気もします。
pa303427-1.jpg
設計者 / 大阪市
建築年 / 1931年 ( 昭和6年 )
所在地 / 大阪府大阪市中央区大坂城1-1
登録有形文化財
pa303432-1.jpg

pa303428-1.jpg

pa303433-1.jpg


天守前の広場に面して、やや厳つい外観の洋風建築も建っています。
pa303420-1.jpg
ミライザ大阪城
 ( 旧陸軍第四師団司令部庁舎 ⇒ 旧大阪市立博物館 )
pa303422-1.jpg
昭和天皇の即位記念事業、大阪城公園整備に伴って建てられた左右対称の外観の建物です。
旧陸軍第四師団司令部庁舎 として建てられた建物なので、厳つい雰囲気なのは当然かもしれません。
pa303425-1.jpg
設計者 / 第四師団経理部
建築年 / 1931年 ( 昭和6年 )
所在地 / 大阪府大阪市中央区大阪城1-1

戦後はGHQに接収され、1948年からは大阪市警視庁本部大阪府警察本部庁舎として、1960年~2001年は大阪市立博物館として利用されていました。
2017年からはミライザ大阪城となっています。
後でわかったことですが、館内には精巧なフィギアで有名な 海洋堂博物館 が在るので、「見てくればよかったと」後悔しています。

pa303430-1.jpg
天守閣西側の石垣から、内濠越しに西の丸庭園中之島方面を見る。
pa303431-1.jpg
 
来た道を引き返し桜門を出て空濠を渡り右へ曲がると、今度は如何にも武道場と言う雰囲気の和風の建物が現れます。
pa303434-1.jpg
大阪市立 修道館
近畿管区警察学校が堺市に移転する際、西の丸に在った警察学校道場を錬成道場として残そうとしましたが、最終的には建て替える事となり、1962年 ( 昭和37年 ) 12月に竣工、翌年1月に開館した建物でした。
柔剣道などの武道により「よく道を修め、身体を練り、魂を鍛えよ」と若人への祈りを込めて 修道館 と名付けられたそうです。
pa303435-1.jpg


スポンサーサイト



  1. 2023/02/13(月) 08:00:00|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumainoact.blog58.fc2.com/tb.php/2469-73b86882
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)