fc2ブログ

アクトデザイン凛太郎のブログ

住まいのこと、ネコのこと、身の回りのこと、今思うことを綴っていきます

日光散策10 日光東照宮 ② 神厩舎 ( 三猿 )、御水舎、輪蔵

日光東照宮 の2回目も、表門 から 中鳥居 のあるレベルに建つ建物を紹介します。
航空写真-2

先ずは 上神庫 の妻面の向にに在る
p1011603-1.jpg
神厩舎 ( しんきゅうしゃ )
東照宮 の境内唯一の 素木造り の建物なので、つい通り過ぎてしまいそうな地味な印象の建物ですが、ご覧の様に人だかりが出来ています。

創建年 / 1636年 ( 元和3年 )
様式・型式 / 素木造、前切妻-流造
屋根 / 銅瓦葺き-切妻屋根
重要文化財 ( 1908年指定 )

神きゅう
流造 の形状が分かる全景を撮っていなかったのでストリートビューから
神厩舎 とは 神馬 ( しんめ ) と呼ばれる神に仕える馬の家のこと。
ただ、実際にこの場所で 神馬 が生活して居た訳では無く、実際の馬小屋は別に在ったらしいです。
向かって左側の土間部分が 馬立場 ( うまたてば ) と呼ばれる馬の為の空間で、右側の 濡れ縁 の在る部分は畳敷きで、馬を扱う武士の為の詰所です。
p1011510-1.jpg

しかし、この質素な造りの建物に観光客が集まっているのは、神厩舎 を見る為と言うよりは 三猿 ( さんざる ) と呼ばれる猿の彫刻を見る為でしょう。
三猿 をとは、猿の一生をもって人間の生涯を風刺した、8面の彫刻の中の一つで、子供を悪事から遠ざけるべきこと教える「見ざる言わざる聞かざる」のこと
長押の上部に飾られた猿の彫刻は、正面妻壁に5面、西側桁壁に3面あり、全部で16匹の猿の生涯が描かれています。
p1011504-1.jpg
正面妻壁の5面の彫刻

p1011511-1.jpg
西側桁壁の3面の彫刻

p1011505-1.jpg
「赤子の時期」 親猿が子供の将来を見つめる ( 妻壁左端 )
手をかざし、遠くのビワの実と朱色の雲を見る母猿は、「バラ色で実り豊か」な子供の未来を表現しています。

p1011506-1.jpg
「幼少の時期」見ざる言わざる聞かざる - 三猿 ( 妻壁左から2番目 )
子供のうちは、純真で周囲の影響を受けやすいので、世の中の悪事は見聞きせず、悪い言葉も使わせず、良い物だけを与えよ。この時期に、良いものを身に付けて置けば、悪いものに触れても正しい判断が出来る。

p1011507-1.jpg
「青年の時期」 一匹の座った猿 妻壁左から3番目 )
孤独に耐えつつも、将来を考えている。未だ立ってはいないが、やがて立ち上がれば「自立・一人立ち」する。

p1011508-1.jpg
「大人の時期」青雲の志 妻壁左から4番目 )
希望をもって上を見上げる青春期のイメージ。
「青雲の志」を抱いた若い猿。
御遺訓に言う「上を見な・身の程を知れ」

p1011509-1.jpg
「大人の時期」仕事の悩み妻壁左から5番目 )
左側の二匹の猿は、岩の上に居る。下を向く猿の背中にもう一匹が手を当てて慰め、または励ましている様子。

p1011511-2.jpg
「大人の時期」結婚の悩み  ( 桁壁左端 )
右側の座って正面を凝視している猿は、結婚の決心を固めているが、左側の猿は決断を迫られ迷っている様子。

p1011511-3.jpg
「大人の時期」パートナーを得る  ( 桁壁左から2番目 )
腕組みをして波にもまれる猿に、頭上に赤い雲のかかった右側の猿が、長い腕を差し出している。
二人で力を合わせれば「人生の荒波」も乗り越えられる。

p1011511-4.jpg
「大人の時期」親になる  ( 桁壁左から3番目 )
結婚した二人が協力して荒波を乗り越え、平安な家庭環境を整え、子宝に恵まれ、子供が生まれれば、親となり、最初の面の子育てへと辿る事となり、永遠の生命が受け継がれていく。


p1011594-1.jpg
⑥ 御水舎
三本一対の白御影石の角柱を四隅に配し、唐破風造 の重そうな屋根を支えています。

創建年 / 1636年 ( 寛永13年 )
様式・型式 / 十二脚、妻入-唐破風造
屋根 / 銅瓦葺
重要文化財 ( 1908年指定 )


御水舎 の向かって右隣り、上神庫 の向に在るのが
p1011522-2.jpg
⑦ 輪蔵 ( 経蔵 )
経蔵 とは、経典を収納する為の蔵の事で、別名で 輪蔵 と呼ばれるのは、8角系の回転式の本棚が設置されていたからだそうです。
回転式の本棚が設置されていたから、平面が正方形なんですね。
経蔵 内部には、この様な本棚を考案した 傳大士の親子の像 が安置されていて、子供の方の像が笑顔を浮かべていることから、 笑い堂 とも呼ばれているそうです。
輪蔵 には仏教の聖典が収められていたと言われていますが、本来なら 経蔵 は、寺院の境内にある施設の筈ですが、神仏習合 の名残りだそうです。

創建年 / 1636年 ( 寛永13年 )
様式・型式 / 重層方形造、一重もこし付
屋根 / 銅瓦葺 方形屋根
重要文化財 / 1908年指定

p1011524-1.jpg
裳階 ( もこし ) があるので二階建てに見えますが、内部に2階部分の床は無く、1階建ての建物です。
p1011593-1.jpg
裳階 ( もこし ) がは寺院建築ではよく見られる建築様式で、雨除けの為だけてなく、建物を豪華に見せる役割も果たしています。

スポンサーサイト



  1. 2023/05/26(金) 15:42:00|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

コメント

修学旅行でも

ここは見たよ。

言わず、見ず、聞か猿🐒。

私は7月中の退職が決まりました。
8月中は仕事探しを頑張ります。
6月には日光からパソコンの雪菜ちゃんを持ってきてもらいました。
快適です。
暑いですね~
水分補給も忘れずに過ごしたいですねー。
  1. 2023/07/09(日) 13:09:09 |
  2. URL |
  3. ルーネスのへや #/1ztqa4g
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumainoact.blog58.fc2.com/tb.php/2498-4d9df2a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)