アクトデザイン凛太郎のブログ

住まいのこと、ネコのこと、身の回りのこと、今思うことを綴っていきます

ダ・ビンチ コ-ド

ダ・ビンチ コ-ド

盆明けは仕事が忙しく、最近は奥さんにブログを作ってもらっていましたが、今日は久しぶりで自分で作ることが出来ました。

先週末の25日、仕事は忙しかったのですが、「ダ・ビンチ コ-ド」のロ-ドショ-の最終日だったので、無理をして渋谷まで行って「ダ・ビンチ コ-ド」を見てきました。
「難しすぎて、よく分からない」「大して面白くない」などの評判は聞いていましたが、この手の歴史物、特に宗教を題材にしたものには目のない僕には、絶対に見逃せない映画です。
原作が出版された2年前にも、テレビで沢山特集が組まれていましたが、気が付い番組は全て見、勿論原作も読みました。
原作を読んでから、ある程度時間が空いていたせいもあるのかも知れませんが、原作を少々端折っているところも気にならず、忘れているところもあったので、映画で見て「ああ、そうそう、そうだった」と好意的に思えるところばかりでした。
僕の「ダ・ビンチ コ-ド」の評価は「大変面白い」で、興味のある人には是非見て欲しい映画だと思います。
ただ、キリスト教や歴史に興味の無い人には、退屈で理解が困難な映画だとは思います。
この映画で語られているものが真実か否かはさておき、宗教とは如何なるものかを考えるには、実に興味深い映画で、傑作だとも思います。

ついでですが「ゲド戦記」は、期待が大きかったせいもあるかも知れませんが、スタジオジブリの作品の中では最低の出来だと思いました。
期待が大きいものは、評価が厳しくなってしまいます。
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2006/09/02(土) 23:42:31|
  2. 映画 ・ ドラマの感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

ダ・ビンチコードはある程度の予習は必要だけど面白かったです
もう一回見たいなぁと思えますもん
ゲド戦記は…見なくていいかな??
  1. 2006/09/03(日) 00:40:25 |
  2. URL |
  3. ドラミッタム #-
  4. [ 編集]

ドラミッタムさんへ

僕はDVDを買おうと思いました。
ロ-マや十字軍時代の再現映像にもかなり迫力がありました。

「ゲド戦記」は使い古しのアイディアがいっぱいと言った感じでした。
登場人物も前にジブリの映画で出てきたキャラクタ-に似ています。ゲドは「ナウシカ」のユパとダブルのですが、大賢人と言う割には誰にも知られていない様子。何で戦記なのかもよく分からないし、第一話が暗すぎます。
見る価値が無いとは言いませんが、大ヒットしているのが不思議です。
「ハウル」も今一だとは思いますが、スト-リ-に暗さが無いところが救われます。
暗い話でも「ももののけ」程の説得力が欲しかった。
  1. 2006/09/03(日) 15:32:18 |
  2. URL |
  3. 凛太郎 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumainoact.blog58.fc2.com/tb.php/26-de411491
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad