アクトデザイン凛太郎のブログ

住まいのこと、ネコのこと、身の回りのこと、今思うことを綴っていきます

真言宗本福寺水御堂

神戸の兵庫県立美術館の探訪は後に回して、今日は淡路島の
真言宗本福寺水御堂の紹介です。

設計者は大山崎山荘美術館新館と同じ安藤忠雄氏。
1991年の竣工で、第34建築業協会賞も受賞した建物です。

本福寺は、大阪湾を一望できる小高い丘の中腹に有りました。
山道を登り、最初に現れたのは、平坦なコンクリートの壁面です。

真言宗本福寺1

四角い開口を通り抜けると、今度はやはりコンクリートの曲面の壁が現れます。

真言宗本福寺2

曲面の壁沿いに進み

真言宗本福寺3


真言宗本福寺35

壁が終ると、やっと蓮池が見えてきます。

真言宗本福寺4

季節が冬なので、残念ながら蓮の葉や花は見られませんでしたが、季節がよければ、古代蓮が紅い花を咲かせ、極楽浄土を思わせます。

真言宗本福寺5

階段を下りると本堂があります。
勿論、本堂を池の下に造った寺院は他にはありません。
この若々しく大胆な発想は、安藤建築の真骨頂と言えるのではないでしょうか。
蓮の花が咲いている季節なら、尚いっそう、幻想的なことでしょう。

真言宗本福寺6.

本福寺の本尊は薬師如来像。
本尊の背後が西方にあたり、大扉を開ければ本尊が西日を受けて朱に染まる、神秘的な空間でした。

蓮池の中を、狭い階段を下りていく構成は、大山崎山荘美術館と同じですが、本福寺の方が5年ほど前の建物なのでオリジナルだと思います。
期待通りの、素晴らしい空間体験をする事が出来ました。
スポンサーサイト

テーマ:建築デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2008/02/27(水) 11:00:19|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

今回の建物がお寺と聞いて驚きました
写真を見ただけでは絶対にわかりませんね(⌒▽⌒;;;A
また、蓮の池の真ん中に階段があり、その下に本堂がある事に二度ビックリ。
ぜひとも蓮の花が咲いた姿も見てみたいものですね♪
  1. 2008/02/28(木) 11:33:41 |
  2. URL |
  3. まめ姉 #-
  4. [ 編集]

まめ姉さんへ

特に最近の安藤さん設計の建物は、当たり外れの差が大きいのですが、このお寺は期待通りり、大当たりの建物でした。
蓮池の下に本堂を造るなんて発想は、そう考え付くものではないし、反対する檀家さん達を、一体どうやって説得できたのでしょう?
とにかく、凄い建物でした。
  1. 2008/02/29(金) 08:53:19 |
  2. URL |
  3. 凛太郎 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumainoact.blog58.fc2.com/tb.php/280-7308715f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad