アクトデザイン凛太郎のブログ

住まいのこと、ネコのこと、身の回りのこと、今思うことを綴っていきます

全日本柔道選手権

4月29日に東京九段の日本武道館で全日本柔道選手権が開催されました。
この大会は体重別ではなく、中・軽量級の選手が100数十キロ以上の巨漢と戦う、正に日本一強い柔道家を決める大会で、五輪イヤーである今年は、100キロ超級の代表者の選考に、大きな影響を及ぼす大会になりました。
優勝候補は去年の優勝者の鈴木(100キロ級で北京五輪の代表決定)、100キロ超級代表最有力の棟田、三度連続で五輪代表を目指す井上、そして若手の石井の4人で、鈴木以外の三人での代表争いと言えるでしょう。
人気NO1の井上は準々決勝で残念ながら敗れましたが、高井との戦いは正に死闘、最後まで勝負を諦めず、攻め続けた井上の姿には感動しました。
170センチの小さな体で、2メートル近い巨漢から見事な一本を取る棟田も、準決勝で対戦した石井の、相手に攻めさせない巧みな組み手に封じられ、技らしい技を出せずに優勢負けしてしまいました。
棟田を破った石井が決勝でも鈴木を破り、二度目の全日本制覇を成し遂げ、同時に100キロ超級五輪代表にも選ばれました。
でも、ちょっと気になるのはこの石井の試合内容。
棟田との試合の序盤では、棟田の腕を痛めるのを目的に放ったような、○○人選手紛いの汚い技を出したり、引き手を持たずに優勢勝ちのみを狙った掛け捨て技の連続でした。
鈴木との決勝で序盤に放った足技は見事でしたが、寝技で技有を取ったあとの4分以上をただ逃げ回った姿勢は、常に一本を狙っていく、他の三人の柔道とは明らかに違います。
勝負に拘ったゆえなのでしょうが、少なくとも見ていて面白くなく、井上や鈴木がオリンピックで金メダルを取った時のような感動は、全くありませんでした。
聞くところによると石井の技は非常に切れるとの事、寝技も超一流と言われているのですから、もう少し積極的な試合運びを心掛けて欲しいものです。
スポンサーサイト

テーマ:柔道 - ジャンル:スポーツ

  1. 2008/05/02(金) 09:41:35|
  2. 一言 言いたい
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumainoact.blog58.fc2.com/tb.php/321-dcca28fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

全日本柔道選手権

五輪=全日本柔道選手権で石井慧が優勝、最後の日本代表の座勝ち取るロイター[東京 29日 ロイター] 北京五輪代表最終選考会を兼ねる全日本柔道選手権大会が29日、日本武道館で開催され、石井慧が鈴木桂治を破り優勝した。史上最年少で優勝した2006年以来2度目?...
  1. 2008/05/02(金) 11:20:50 |
  2. 旅行 激安ツアー リゾート 南国 島 沖縄 ハワイ グアム オーストラリア 楽天トラベル 

FC2Ad