アクトデザイン凛太郎のブログ

住まいのこと、ネコのこと、身の回りのこと、今思うことを綴っていきます

久々の壁面緑化の報告です。

今日の東京は梅雨の中休みなのでしょうか?  朝からいい天気で、気温も上がっています。
滅多に着ないジャケットを着ていたので、汗をかきながら街中を歩いていました。ある建物(ビジネスホテル)の近くを通ると、かすかに水の流れる音が聞こえ、なにやら建物の外壁から、ひんやりした冷気が漂ってきました。
           府中の壁面緑化遠景

   一見、縞模様のタイル張りの外壁に見えますが、近付いてよく見てみると 

        府中の壁面緑化近景.

  色の濃い部分部分には、苔の様な植物が埋め込まれているではありませんか。

府中の壁面緑化詳細

冷気を感じたのは、この苔の様な植物を育てる為に、屋上部分から外壁に水を流しているようなのです。水の流れの筋が見えるでしょうか?
苔の状態が余りよくないのか、緑の部分は少なく、殆んどが枯れたような茶色をしていますが、水の流れのおかげで、建物の近くがひんやりしていたのです。
今日はたまたま晴天だったとは言え、梅雨の時期に、これ程の水遣り設備を施しても苔がこの状態では、この苔が壁面緑化に向いていると言えるのでしょうか?
別の見方をすれば、苔が無くても、壁面に水を流せばヒートアイランド現象防止に一定の効果をあげることがあると言うことが分かりました。
スポンサーサイト

テーマ:建築デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2008/06/13(金) 12:51:38|
  2. 環境問題-地球温暖化
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

凛太郎さん

このタイル型の壁面緑化は見たことがあります。
でも、屋上から散水するのは大変ですね。
東京の夏の一日、都内で一斉に打ち水をするイベントがあります。
打ち水によって、周辺の気温は、数度下がるようです。
凛太郎さんのように、雨水を活用しないと意味が無いと思いますが。
  1. 2008/06/15(日) 23:53:31 |
  2. URL |
  3. いさぶろう #-
  4. [ 編集]

いさぶろうさんへ

2週間ほど前だったでしょうか?
NHKで打ち水のイベントを放送していました。けれどそのー日は朝から小雨交じりの天候でした。
ゲストのワッキーも場違いなギャグを連発するだけで、腹立たしいばかりでした。
肌寒いような梅雨の雨の日に、打ち水をして、いったい何の意味があるのでしょうか?
  1. 2008/06/24(火) 01:26:46 |
  2. URL |
  3. 凛太郎 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumainoact.blog58.fc2.com/tb.php/334-7ff9527f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad