アクトデザイン凛太郎のブログ

住まいのこと、ネコのこと、身の回りのこと、今思うことを綴っていきます

お盆休みは「建物探訪」

お盆休みは今年も遠出はなしでしたが、テレビでのオリンピック観戦と近場での建物探訪で、実に忙しいお盆休みでした。
今後時間を掛けて、お盆休みに訪れた建物を建物探訪の中で詳しく紹介ししようと思いますが、今日はダイジェストで簡単に紹介します。

8月12日は日暮里~三ノ輪~日本橋~京橋~築地を散策しました。
朝倉彫塑館 廿世紀浴場
朝倉彫塑館            廿世紀浴場

山二証券 成瀬証券
山ニ証券                    成瀬証券

日証館ビル 三菱倉庫本社
日証館ビル             三菱倉庫本社

大同生命ビル 日本橋高島屋 
大同生命ビル           日本橋高島屋 

明治屋 華僑ビル
明治屋               華僑ビル

13日は上野~代官山~渋谷を散策。
東京都美術館 東京国立博物館本館
東京都美術館               東京国立博物館本館(旧東京帝室博物館)

\東京国立博物館東洋館  東京国立博物館表慶館
東洋館                      表慶館 
法隆寺宝物館 
法隆寺宝物館
朝倉邸. ヒルサイドテラス 
朝倉邸                     ヒルサイドテラス

副都心線渋谷駅
副都心線渋谷駅
 
そして今日16日は六本木へ。
国立新美術館 六本木ミッドタウン
国立新美術館                 六本木ミッドタウン

こんなに沢山散策したので、全部紹介し終わるのに、何時まで掛るか分かりません。





スポンサーサイト

テーマ:建物探訪 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2008/08/16(土) 23:00:00|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

コメント

ここ最近の都心は…

ここ最近の都心は、「昔ながらの建物」と「最新の建物」が混沌としていて、実に不思議な光景になっていますね…。

そのような中で、素晴らしい建物に出会うと、何だか嬉しくなります。
でれすけは、前の職場の近くにある、上野公園近くの「ソフィテル東京」という、ギザギザしたデザインのビルが気になって気になって仕方が無くなり、この休みを使って見てきました。
何だか、中に入ったら絶対に「落ち着かない」デザインのこのビル、話によると設計したのが異常にでかい吹き抜けのある「江戸東京博物館」や、屋根の形が凄く変な「九州国立博物館」を設計した菊竹清訓氏であると言うことを聞いて、ちょっと驚きました…。
  1. 2008/08/18(月) 14:58:42 |
  2. URL |
  3. でれすけ #-
  4. [ 編集]

朝倉彫塑館

この前東京に行った時、友達が連れて行ってくれた
朝倉彫塑館はとても素敵でした。
庭や猫の彫塑など興味深く見てきました。
  1. 2008/08/19(火) 09:43:50 |
  2. URL |
  3. sakurako #halAVcVc
  4. [ 編集]

でれすけさんへ

確かにあのギザギザした建物は気になりますよね。
菊竹さんは「メタボリズム」(新陳代謝する建築-必要に応じて増幅可能な建築)の提唱者として世界的になを知られた建築家で、古くは自邸「スカイハウス」、「エキスポタワー」(大阪万博)、「アクアポリス」(沖縄海洋博)、「パシフック茅ヶ崎」(ホテルハシフック)等の設計者でもあります。昔の建物なら他にも有名な建物は数ありますが、最近の物は今一って感じです。「ソフィテル東京」もあの独特の外観から、不忍池の景観を壊すとの悪評もあったそうです。
売却され解体も決まったそうですが、新陳代謝どころか、ますますスクラップ&ビルドに向かう日本の現状が心配です。
  1. 2008/08/22(金) 09:43:36 |
  2. URL |
  3. 凛太郎 #-
  4. [ 編集]

sakurakoさんへ

実は朝彫塑館は中に入っていないんです。
今度日暮里に行った時には、是非ゆっくりと見学したいと思います。
  1. 2008/08/22(金) 09:46:21 |
  2. URL |
  3. 凛太郎 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumainoact.blog58.fc2.com/tb.php/363-e5148052
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad