アクトデザイン凛太郎のブログ

住まいのこと、ネコのこと、身の回りのこと、今思うことを綴っていきます

浮雲

これは昨日の夕方、テラスから撮影した空の様子です。
浮雲
実際には、雲に光が当たった部分が、白くキラキラと美しく輝いていたのですが、写真が下手なのでその綺麗さが伝わらないのが残念です。

ゴーヤと雲
こちらはゴーヤ君越しに、同じ雲を撮った写真です。
既に陽が沈んで、雲の上部にだけ光が当たっているのが分かるでしょう。
今朝も今晩のおツマミ用とお隣へのお裾分け分のゴーヤを収穫しましたが、御覧の通りいまだ2階のテラスを日影にする事は出来ません。
この二年間の経験から、ゴーヤを壁面緑化に利用出来るのは、せいぜい3~4M位の高さ迄だと言う結論に達しました。やはり本格的な壁面緑化の為には、一年草ではなく、多年草の植物を選択するべきでしょう。ただし、目に見えて成長するゴーヤなどの一年草は、育てていて楽しいことと、何と言っても収穫の喜びを教えてくれた事は間違いありません。

ところで、今年は雨の多い夏でした。夏の初めはスコールの様な夕立が降る日が続いていましたが、夏休みも終盤になってからは、長時間の大雨が全国各地に水害をもたらしています。
もう、異常気象と言う言葉も使い飽きてしまいましたが、ここ10年ほどは、異常気象が当たり前の事にになってしまいました。昨日もこの写真の数時間後には、雷雨が鳴り響きます。
地球温暖化に対して、なんら目に見える有効的な解決策を提示できなかった洞爺湖サミットも、遠い昔の出来事の様な気がします。
最近のマスコミや政府の論調では、CO2だけを悪者に落としめて、CO2を削減する為なら桁違いに危険な原子力発電を進めようとする動きもあります。
もともとCO2は地球にとって欠かす事の出来ない温室効果ガスの一つに過ぎず、CO2だけを削減しても意味はありません。CO2を代表とする温室効果ガスを異常な数値まで排出し続けることでしか維持できない、我々先進国の人間の行為自体が問題なのです。
ハウスメーカーのコマーシャルで言っているような、「便利な暮らしを我慢するのでなく・・・」などと、悠長な事を言っている段階は既に過ぎてしまったのではないでしょうか?
もう贅沢で便利な暮らしを我慢しなければ温暖化は止められません。
電気自動車はCO2を出さないと誤解しそうなCMもあります。
確かにガソリン車と違って排気ガスは出さないのでしょうが、発電時には石油を燃やして発電しているのですから、その差し引きでどの程度のCO2削減になっているのかまで、教えて欲しいのです。
政府は都市ガスによる家庭用燃料電池一般家庭への設置に補助金を出すそうで、価格も一時よりはかなり安くはなりました。
一時なくなっていた太陽光発電への補助金も復活するようですが、まだまだ元の値段が高過ぎです。
政府は温暖化に対しては、企業の利益を増やす事ではなく、温暖化を止める事にもっと積極的にリーダーシップを発揮する事を期待します。

化石燃料が枯渇すれば、温暖化は一挙に解決するとも言われています。石炭を除く化石燃料は100年以内に枯渇します。ウランとて例外ではありません。
貴重な化石燃料を少しでも長持ちさせる為には、先進国に暮らし、資源を使いたい放題浪費し続けている我々が、贅沢な生活を少しずつ我慢しながら、技術の進歩による省エネや代替エネルギーの開発が進むのを待つしかないのです。
「皆が少しの我慢をする」 まずはこれが出来るか如何かに掛っています。
技術の進歩には時間が掛りますが、「少しの我慢」なら今直ぐにでも出来るのですから。
スポンサーサイト

テーマ:エコロジーライフ - ジャンル:ライフ

  1. 2008/08/30(土) 11:29:35|
  2. 環境問題-地球温暖化
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

コメント

ゴーヤ

今年は家でゴーヤは育てる事はできなかったけど、
仕事場では今年も元気に育っています。
台風が来なかったのでゴーヤもたくさん採れたようです。
仕事場のゴーヤも一階は緑のカーテンになっていますが、
二階の窓まではなかなか届きませんね。
  1. 2008/08/31(日) 07:46:28 |
  2. URL |
  3. sakurako #halAVcVc
  4. [ 編集]

雲と太陽光線は、素敵なコントラストを奏でてくれますね~(^^♪

おすそ分け出来るほど、ゴーヤが収穫出来て良かったですね。
栄養価も高いので今年は特にテレビでもたくさん報道されていたようです。

ちなみに、私の故郷(鹿児島)ではゴーヤの事を「ニガゴリ」と言うのですよ~^^;
  1. 2008/09/01(月) 14:06:00 |
  2. URL |
  3. SHOU #-
  4. [ 編集]

sakurakoさんへ

いつかsakurakoさんが紹介してくれた朝顔の壁面緑化は、写真だと随分高くまで伸びているように見えましたが、実際はどれ位だったのでしょうか?

今年は雨が多かったのに台風は少なかったですね。そのおかげでゴーヤは無事に育っているようですが、四国は水瓶が空っぽと聞いて心配しています。
  1. 2008/09/03(水) 00:08:08 |
  2. URL |
  3. 凛太郎 #-
  4. [ 編集]

SHOUさんへ

SHOUさんの真似をして撮ってみたのですが、全然綺麗さが伝わっていないと思います。残念です。
今日の午前中の番組でゴーヤ料理の特集をしてました。完熟すると甘いとも言ってましたね。
ニガウリは良く聞きますが、ニガゴリは初めて聞きました。
  1. 2008/09/03(水) 00:12:20 |
  2. URL |
  3. 凛太郎 #-
  4. [ 編集]

なんだかUFOみたいな雲ですねv-17
不思議な形ですね~v-12

太陽エネルギーを活用した太陽光発電は、エネルギー密度が低いので装置を大型化しなくてはならず、コストがかかることや、天候の変動や季節ごとの変動、昼夜の差異によって安定したエネルギーが得られないこと、地域差も大きいことからなかなか普及が進んでいません。購入の際の補助金も微々たる物ですし、一般庶民が設置するのは難しいのが現状です。
1990年代当初は、1戸3~4キロワットの装置が、設置代コミで600万円だったのが、2002年には補助金を使えば200万円で購入可能…ですが、200万なんて、一般庶民が簡単に購入できる値段ではありません。もう少し政府は、庶民が購入しやすくする(普及させる)方策を考えるべきだと思います。

凛太郎さんのおっしゃる通り、CO2排出に関して、悠長なことを言っていられないと、私も思います。現在の状況をみると、劇的な技術革新があるとも思えませんし、何とかして二酸化炭素排出削減に努めなければ、未来は無いと思います。
洞爺湖サミットでは何の実績も残さず、身勝手な辞任を表明した総理の下では、この状況がよくなるとは思えませんし…。

「少しの我慢」、とても大事なことだと思いますv-364
  1. 2008/09/03(水) 06:53:01 |
  2. URL |
  3. でれすけ #-
  4. [ 編集]

でれすけさんへ

福田総理、情けなかったですね。
早く辞めたくて仕方が無かったみたいですが、それでも洞爺湖サミットだけは自分でやりたかったのでしょう。
小泉さんは田中派への積年の恨み、安倍さんはお祖父ちゃんの名誉回復、福田さんはイヤイヤ総理をやってたみたいです。
そんな情けない指導者の日本が環境で世界をリードなど出来る筈がありません。
多様な電化製品が深く生活に入り込んでいる現状では、携帯やパソコンを使わなくては僕の仕事は成り立ちません。
だからこそ出来るだけ無駄は省き、我慢出来る事は極力我慢しています。
今年の夏も来客が在るとき以外は仕事中も短パンにTシャツで過ごし、殆んどエアコンも点けずに我慢しました。変わりに扇風機はフル回転で、水浴びも何度もしましたけど・・・。
本当は、少しの我慢では足りないと思ってます。
  1. 2008/09/03(水) 10:22:37 |
  2. URL |
  3. 凛太郎 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumainoact.blog58.fc2.com/tb.php/375-9f42d597
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad