アクトデザイン凛太郎のブログ

住まいのこと、ネコのこと、身の回りのこと、今思うことを綴っていきます

国立西洋美術館

国立西洋美術館は1959年に20世紀の巨匠と言われたフランス人建築家のル・コルビジェによって基本設計がなされ、実施設計と監理を担当したのがコルビジェの弟子にあたる、前川國男坂倉準三吉阪隆正と言うそうそうたるメンバーでした。

国立西洋美術館正面外観
 
国立西洋美術館側面外観
外観は矩形の本体をピロティーが支える単純な形態ですが、内部は斜路やトップライトからの自然光を取り入れるなど、豊かな空間が造り出されています。

ただ勝手な私感になりますが、同時期のコルビジェの設計した建物に見られる、荒々しいコンクリートによる彫刻的な表現は見られないのは少し淋しい感じがします。
これより2年前に竣工しているアメーダバット美術館は、外観も平面計画も酷似しています。
荒々しさが影を潜めた洗練された感じは、スイス学生会館との共通点もありそうです。

国立西洋美術館彫刻

1998年に大規模な耐震補強工事も終了した国立西洋美術館は、2007年には国の重要文化財にも指定されています。
スポンサーサイト

テーマ:建物探訪 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2008/10/01(水) 00:00:00|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumainoact.blog58.fc2.com/tb.php/390-954c1298
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad