アクトデザイン凛太郎のブログ

住まいのこと、ネコのこと、身の回りのこと、今思うことを綴っていきます

金曾木小学校

この建物は今年のお盆休みに、日暮里から廿世紀浴場のある日本堤まで歩いた時に偶然見つけました。

金曾木小学校外観

壁面を覆う蔦も目を引きましたが、壁面から飛び出した半円経でガラス張りの階段室にモダニズムの匂いを感じてシャッターを切りました。
家に帰ってネットで検索しても設計者は分かりませんでしたが、松葉一清氏著の「帝都復興せり!」の中で、昭和9年に東京市営繕課によって設計された四ッ谷第五尋常小学校を紹介する「復興小学校-ガラスの城」の章の中で、金曾木尋常小学校(東京市営繕課設計、昭和9年竣工)が、小さな写真入りで紹介されているのを見付けました。
残念ながら写真は校庭側から写したものだったので、同一の校舎であるかは分かりませんでしたが、四ッ谷第五尋常小学校をはじめとする、戦前に東京市営繕課によって設計された、一連のインターナショナルスタイルの小学校である可能性が高いと思ました。

ところがもう一度良く金曾木小学校のH.Pを見てみると、昭和9年に建てられた校舎は、戦災は逃れていたものの、昭和60年に建替えられたものだと分ったのです。
少しがっかりはしましたが、目を引くデザインである事には変わりありません。

金曾木小学校緑化詳細

ただそうなると、この小学校は、まだ築22~23年しか経っていない事になります。
この壁面緑化が、管理者の意図するものか如何かは分かりませんが、ガラス張りの壁面に緑化するのには無理があり、窓も所々開きそうにもありません。
それにこの面は北側ですから、建物を陽射しから守る効果もないのです。

このガラス張りの小学校の壁面緑化の謎を、ご存知の方が居ましたら、是非教えてください。
スポンサーサイト

テーマ:建物探訪 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2008/10/02(木) 01:17:05|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

コメント

ガラス張りの壁面の緑化は、防犯上も問題がありそうですね。
深い考えもなく、なんとなく放置したら伸びちゃった・・なんていうには、緑化されている範囲が広過ぎるし・・ホントに謎ですね(笑。
謎が解明されるとスッキリするんですけど・・関係者の方、見てないかな~?
  1. 2008/10/02(木) 06:16:02 |
  2. URL |
  3. ヨーコ #WCSj23LI
  4. [ 編集]

「緑化」というよりは「伸び放題」といった趣ですね…( ゚Д゚)

ツタが繁っている場所は、窓を開けることが出来なそうですし、採光の点でも問題がありそうですね。
「学校環境衛生」の基準の面はクリアしているのでしょうか?基準のうち、「明るさ」と「教室の空気」の面が気になってしまいます。

まぁ、二酸化炭素削減に一役買ってはいそうですが…v-356
  1. 2008/10/02(木) 08:12:38 |
  2. URL |
  3. でれすけ #-
  4. [ 編集]

ヨーコさんへ

見ようによっては壁面緑化の様でもあり
廃墟に成りかけの建物にも見えますが、ちゃんとした現役の小学校で築22~23年しか経っていないのですから驚きです。
本当に関係者の方が見てくださっていたら教えてください。
  1. 2008/10/05(日) 21:16:27 |
  2. URL |
  3. 凛太郎 #-
  4. [ 編集]

でれすけさんへ

窓が開けられないのは問題です。
採光・換気(通風)・排煙・眺望など、多くの店で問題です。
またサッシの水はけが悪いと雨漏りの原因にもなるので要注意です。
  1. 2008/10/05(日) 21:19:50 |
  2. URL |
  3. 凛太郎 #-
  4. [ 編集]

運命の出会い(-。-)

俺、ここの卒業生w
  1. 2009/11/14(土) 16:16:06 |
  2. URL |
  3. 俺、参上! #dZBL2wks
  4. [ 編集]

同じく

卒業生・・・じゃないけど
今ここ通ってます。
  1. 2009/11/14(土) 16:20:47 |
  2. URL |
  3. 運命の出会い #dZBL2wks
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumainoact.blog58.fc2.com/tb.php/391-c71bf882
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad