アクトデザイン凛太郎のブログ

住まいのこと、ネコのこと、身の回りのこと、今思うことを綴っていきます

新高輪プリンスホテル

品川の新高輪プリンスホテルは、1982年に巨匠村野藤吾の設計で建てられました

新高輪プリンス外観①

白い外観は、遠目にはインターナショナルスタイルの建物に見えるかもしれませんが

      新高輪プリンス外観②


      新高輪プリンス外観③

新高輪プリンス外観④
近付いて良く見ると、曲線あり、肌理細やかな装飾ありの、まさに村野流のデザインなのが分かります

この村野流のデザインを、うかつに真似をしようものなら、後悔する事間違いなしの、村野藤吾にしか出来ない濃厚なデザインです

新高輪プリンス外観⑤

新高輪プリンスホテルでは、アコヤ貝で天井を覆った大宴会場「飛天の間」が有名ですが、この建物は飛天の間のエントランスホール「うずしお」です

新高輪プリンス外観⑥
地上1階の入口から、この螺旋状のスロープを降りて行きます

新高輪プリンス外観⑦
本来、勝手に入っていい所なのか如何か分かりませんが、これから何かのイベントが開催されるような感じで、入口も開いていて、出入りする人もちらほら居たので、ちょつとだけ覘かせて頂きました
スポンサーサイト

テーマ:建物探訪 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2009/04/11(土) 18:18:26|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

「飛天の間」、以前講師として行った某大学の謝恩会会場になり、入った事があります(谷亮子なんかが結婚披露宴をするずっと前ですが…)。
天井に巨大なシャンデリアと、隙間無くアコヤガイが貼り付けられたゴテゴテの装飾に、すこし興ざめした覚えがあります。
…ただ、新高輪プリンスホテルの「ローストビーフ」がとても美味しかったことと、ホテルの職員の方のおもてなしが超一流で、とても良い印象を持ちました。
このときばかりは、「花より団子」ならぬ「建物より食事&サービス」に目が行ってしまいました。
今考えると、めったに入れる場所では無いので、もう少し内装などに目を向ければよかったなぁ~と後悔しています(笑)
  1. 2009/04/19(日) 06:22:28 |
  2. URL |
  3. でれすけ #-
  4. [ 編集]

でれすけさんへ

大学で講師だなんて、やっぱりでれすけさんは
ただ者ではありませんね!!!!

村野さんは新高輪プリンスの約20年前に設計した日生ホールでは、実に見事にアコヤ貝を使ったデザインをしていますが、確かに飛天は少々悪趣味に思えるかも知れません。
僕の大好きな箱根プリンスホテルでは、ロビーの天井の一部に少しだけ上品にアコヤ貝を使っています。
  1. 2009/04/20(月) 23:42:19 |
  2. URL |
  3. 凛太郎 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumainoact.blog58.fc2.com/tb.php/583-65319313
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad