アクトデザイン凛太郎のブログ

住まいのこと、ネコのこと、身の回りのこと、今思うことを綴っていきます

堺屋酒店

浅草から再び上野に戻って来ました

堺屋酒店遠景
上野2丁目にある堺屋酒店は、タイルの落下防止のネットで覆われているものの、御覧のようになかなか綺麗で味のある建物です

堺屋酒店見上げ
丸く角の取られた出隅のデザインや、出窓の下側の曲線は表現主義的な印象が強く感じられますが、連続する横長窓と言う点では、インターナショナルスタイル風とも言えるでしょう
外壁には、当時クラシックな洋館建築に多く使われたスクラッチタイルが貼られています

     堺屋酒店丸窓
円形や、2連の縦長窓のテラコッタの縁取りは、何所と無く東洋趣味的な雰囲気を醸し出しています
出窓の上とパラペット部分に付けられた瓦からも、和風というよりは、東洋的な印象を受けます

堺屋酒店文字
屋号のマークと店名が書かれた箱文字の看板も、とても立派なものです

近代建築散歩にも、残念ながら設計書は載っていません
竣工も1920年台(大正末期)としか書かれていませんが、これだけ遊び心に溢れ、しかも立派な建物が、震災直後に建てられたとも考えにくいので、恐らく震災直前に、建築家か美術に造詣のある方の設計で建てられた建物ではないかと考えます
スポンサーサイト

テーマ:建物探訪 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2009/07/08(水) 12:30:42|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumainoact.blog58.fc2.com/tb.php/643-7cc657c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad