アクトデザイン凛太郎のブログ

住まいのこと、ネコのこと、身の回りのこと、今思うことを綴っていきます

旧忍旅館

    この池之端三丁目に建つ建物は、以前は旅館を営業していたようです

      旧忍旅館①
     一見、新しい建物に見えなくもないこの建物、実は1929年の竣工です

      旧忍旅館②
近代建築散歩には木造3階建てと記されていますが、マンサール屋根とは言え、如何みても4階建てです

旧忍旅館③
3階部部には、様式のよく分からない付け柱が並びます
シルバーのアルミサッシは、新しいもののようですね
この建物も銅板葺きではなく、モルタル石張り風に見せてはいますが、看板建築と言って良いでしょう

旧忍旅館④

旧忍旅館⑤
玄関脇の柱の様式はイオニア式と分かります

旧忍旅館⑥
藤森照信著の看板建築によると、旧忍旅館の老主人の「昔は写真機の会社をやってまして、この中でカメラを組み立てていた」と言う話が載っています
築80年の建物には、それ相応の歴史がある事を、改めて実感させられます
スポンサーサイト

テーマ:建物探訪 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2009/08/05(水) 09:00:00|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumainoact.blog58.fc2.com/tb.php/661-a5c017d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad