アクトデザイン凛太郎のブログ

住まいのこと、ネコのこと、身の回りのこと、今思うことを綴っていきます

上野~浅草近辺の建物探訪 番外編

今日で、今回の上野~浅草近辺の建物探訪は、ひとまず最終回です。
番外編と銘打った最終回は、今まで紹介し切れなかった、無名の建物達も紹介します。

      草王堂かな-1

      かたこり専科-1
看板には「かたこり専科」とあります。2階の窓縁や、四葉のクローバーのマークが可愛らしい建物です。
春日通リ沿いの、これらの建物。改修を重ねた末の看板建築なのか、それとも戦後に建てられたバラックなのかは分かりません。

御徒町駅前の建物
御徒町駅前にも、こんな三連のアーチ窓をもつ建物がありました。

ジュラク
この建物は、去年だったか廃業になって話題にもなったジュラク

日蓮宗蓮城寺
稲荷町駅近くで見つけた日蓮宗蓮城寺は和風建築に、洋館の要素が組み込まれた、面白い建物でした。

上野駅①

上野駅②
そして最後はJR上野駅
本来なら、番外編で紹介するような建物ではないのですが、今回もいい写真が撮れなかったので・・・。
JR上野駅は、鉄道省の酒見佐市氏の設計で、1932年に建てられました。
竣工当時とは大分変わってしまいましたが、戦後の風景なら、映画「ALLWAYS 三丁目の夕日」の中で、CG出再現された様子を見ることが出来ます。
内部にも見所が在るので、いつかいい写真が撮れたときに、改めて紹介したいと思います。
スポンサーサイト

テーマ:建物探訪 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2009/08/06(木) 10:37:51|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumainoact.blog58.fc2.com/tb.php/662-5d218290
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad