アクトデザイン凛太郎のブログ

住まいのこと、ネコのこと、身の回りのこと、今思うことを綴っていきます

航空母艦赤城を作る

凛太郎の実兄の作る、旧日本海軍の軍艦模型シリーズ第三弾航空母艦赤城です

第一弾の戦艦大和は、雑誌の付録による木と鉄による模型でしたが、今回の航空母艦赤城は第二弾の戦艦長門と同様に、プラモデルです
プラモデルと言っても、簡単にチャチャっと出来上がってしまう様な代物ではなく、今回も長門の時と同様に、別売りのパーツも組み合わせての、製作日数も半年以上費やした力作です

赤城①
この写真だけはクリックすると拡大します

赤城②
航空母艦赤城は全長260.67M、排水量36,500Tの巨大空母で、その全長はあの戦艦大和と比べても、遜色はありません

赤城⑦
旧日本海軍の航空母艦は、米国の航空母艦と比べると、艦橋が小さいのが特徴です

赤城⑤
甲板の乗っているのはゼロ戦です

赤城⑥
他にも九九艦爆九七艦攻も搭載されています
赤城の搭載機は常用で66機
この搭載機数は他の主力航空母艦、加賀翔鶴瑞鶴より少ないそうですが
赤城は機動部隊の旗艦であり、あの真珠湾攻撃ミッドウェー海戦にも参加しましたが
そのミッドウェー海戦において撃沈してしまいました

話を模型に戻します
赤城⑧
僕も子供の頃、1/450の赤城のプラモを作った事がありますが、この模型の細部のこだわりには恐れ入ります

赤城③
特に船尾の部分は細かいですね

赤城④
立体トラスの細部まで、作込まれているのには、恐れ入りました

兄の次回作ですが、僕は安土城を勧めているのですが、本人は「建物なら薬師寺東塔、でもやっぱりゼロ戦かな?」と言っていました
スポンサーサイト

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/08/17(月) 09:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

コメント

かなり細部までこだわった模型ですね。
先日、「船の科学館」に20年ぶりくらいに行ったのですが、このような模型が沢山ありました。
凛太郎さんのお兄さんが造られた模型も、科学館や博物館に展示しても遜色ない出来ですね!!
本当に器用なんですね( ´∀`)
  1. 2009/08/18(火) 14:57:38 |
  2. URL |
  3. でれすけ #-
  4. [ 編集]

上手ですね~
それにしても大変そう^^;
作ってみたいけど、私は集中力と忍耐力が乏しい男でして・・・(笑
  1. 2009/08/19(水) 08:56:54 |
  2. URL |
  3. 車屋の店長 #-
  4. [ 編集]

でれすけさんへ

「船の科学館」って、お台場に在るやつですか?
行ったことが無いので、何かついでがあれば
行って見たいと思います

<さんのお兄さんが造られた模型も、科学館や博物館に展示しても遜色ない出来ですね!!
本当に器用なんですね( ´∀`)>
少々ほめ過ぎかもかも知れませんが
兄が聞いたら喜びます
  1. 2009/08/20(木) 11:55:43 |
  2. URL |
  3. 凛太郎 #-
  4. [ 編集]

車屋の店長さんへ

店長さんのように、日頃から本物の車をいじっているので、休みの時にまで、模型を作る気にならないのは分かります
僕も似たようなものなので・・・
  1. 2009/08/20(木) 11:58:19 |
  2. URL |
  3. 凛太郎 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumainoact.blog58.fc2.com/tb.php/669-fe333b0d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad