アクトデザイン凛太郎のブログ

住まいのこと、ネコのこと、身の回りのこと、今思うことを綴っていきます

SHICATA 青山

青山学院大学国際連合大学を通り過ぎると、今度はこんな面白ファサードの建物が見えてきます。

SHICATA青山② SHICATA青山①

微生物を顕微鏡で見たようでもあり、泡のようでもあり、和風庭園の踏み石のようにも見えますが、設計者の若林広幸さんは、いったい何をイメージしたのでしょうか?

  SHICATA青山③
  楕円の窓に入れられた桟が、木の葉の繊維のようにも見えてきました。

SHICATA青山④

      SHICATA青山⑤
      いや、やっぱり僕は、海底から湧き上がる泡に一票です。 

建物の全面には茶色のモザイクタイルが張りつめられていて、何か生き物の皮膚のようにも見えます。
さぞや手間が掛ったのではないでしょうか?

スポンサーサイト

テーマ:建物探訪 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2009/12/09(水) 13:15:13|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumainoact.blog58.fc2.com/tb.php/749-ac5cfbee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad