アクトデザイン凛太郎のブログ

住まいのこと、ネコのこと、身の回りのこと、今思うことを綴っていきます

青山学院大学

青山通りを散策して、青山学院大学を見学しないわけにはいかないでしょう。

銀杏並木
この日は文化の日で、前日まで学園祭を開催していたようでした。
まだ銀杏並木も、色付き始めたばかりです。
幼稚園の親子面接でもあったのか、小さいお子さんを連れた、きちっとした身なりの若い親子連れを何組も見掛けました。
自分が子供のころを含めて、親子面接の経験は全くありませんが、子供よりも親の方が、よっぽど緊張しそうですよね。

全部の校舎を紹介するわけにもいかないので、目に付いた建物だけを紹介します。

大学一号館
まずは正門を入って左側の大学一号館
青学のお洒落なイメージとは程遠い、重厚なデザインのこの建物は1926年竣工で、アントニン・レーモンドの原案を、清水組 (現清水建設 ) が設計・施工で建てたようです。
レーモンドがこんなデザインもするんですね?

大学二号館
大学一号館の向かいに建つ大学二号館も、ご覧の通りの良く似た建物で、竣工も設計者も同じです。

  一・二号館の間を通り抜けると右手に新しい、教会っぽい建物が見えてきます。
      メモリアルホール
      2001年に竣工した、ガウチャー・メモリアルホール

まるでゴシック教会の様な外観ですが、内部は1・2階だけがガウチャー記念礼拝堂、3~13階は、研究室などの教育施設からなる建物です。
設計は日建設計ですが、施工はやはり清水建設が行っています。
スポンサーサイト

テーマ:建物探訪 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2009/12/16(水) 08:25:18|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumainoact.blog58.fc2.com/tb.php/754-9fa251aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad