アクトデザイン凛太郎のブログ

住まいのこと、ネコのこと、身の回りのこと、今思うことを綴っていきます

南荻窪3丁目 Y邸

西郊ロッヂングを見学した後、荻窪歯科診療所を探しに、さらに駅に近づきます。
「静かな街の古い洋館巡り」によると荻窪歯科診療所が建てられたのは大正12か13年。
設計者は静嘉堂文庫桜井小太郎です。
写真で見る限り静嘉堂文庫と雰囲気の似た洋館で、是非見ておきたい建物です。

ところが・・・
荻窪歯科診療所の在る筈の住所には、今風の新しいビルが建っているではありませんか。
しばし呆然としてしまいましたが、この悲劇はある程度は予想のついたことです。
訪れるのが遅れた為に、見る事が出来なかった建物は、最近でも他に三信ビル越後屋ビル博報堂旧本社屋などがあります。

気を取り直し、自転車を西に走らせて南荻窪へ向かい、「帝都」の残影-東京・近代建築撮り歩きで調べておいたY邸の住所を探すと
南荻窪3-3 Y邸④
閑静な南荻窪の住宅街の一角に、在りました・・・。
「帝都」の残影-東京・近代建築撮り歩きで見たあの家です。

南荻窪3-3 Y邸①

南荻窪3-3 Y邸②

南荻窪3-3 Y邸③

丸窓と暖炉の煙突が目を引くこの和洋折衷住宅は、「帝都」の残影-東京・近代建築撮り歩きによると、1937年(昭和12年)に建てられた、築70年以上も経ったとは思えない程の綺麗な建物でした。

古い家に住むと言うのは、設備の老朽化など、想像以上に御苦労が多いと聞いたことがありますが、出来れば何時までも使い続けて頂きたい、素晴らしい建物だと思います。
スポンサーサイト

テーマ:建物探訪 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2010/04/22(木) 08:50:47|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

コメント

残念ですね…

在りし日の荻窪歯科診療所を見ることができず…残念でしたね(>_<)
素晴らしい建物が次々取り壊されていくのは残念です…。
凛太郎さんのブログには、今は無き建物の姿が沢山残されていて、まるで宝箱のようです♪
未来へのタイムカプセルのような素敵なブログだと思います(^O^)/
  1. 2010/04/26(月) 00:13:05 |
  2. URL |
  3. でれすけ #-
  4. [ 編集]

残念ですね…

在りし日の荻窪歯科診療所を見ることができず…残念でしたね(>_<)
素晴らしい建物が次々取り壊されていくのは残念です…。
凛太郎さんのブログには、今は無き建物の姿が沢山残されていて、まるで宝箱のようです♪
未来へのタイムカプセルのような素敵なブログだと思います(^O^)/
  1. 2010/04/26(月) 00:13:49 |
  2. URL |
  3. でれすけ #-
  4. [ 編集]

でれすけさんへ

身に余る御褒めの御言葉をいただき、本当にありがとうございます。

折角褒めて頂いたのに、今回の失敗は痛恨の極みです。
駅前の建物だったので、心配はしていたのですが、その心配が現実のものになってしまいました。
行こう行こうと思っていて、その気にさえなれば思えば機会は何度もあったのですから、本当に残念です。

  1. 2010/04/26(月) 10:35:37 |
  2. URL |
  3. 凛太郎 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumainoact.blog58.fc2.com/tb.php/807-c1388bec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad