アクトデザイン凛太郎のブログ

住まいのこと、ネコのこと、身の回りのこと、今思うことを綴っていきます

都ビル

    都ビルも神田須田町1丁目の靖国通り沿いに建つ建物です。

    都ビル
    ( 撮影 / 2008・11・22 )

都ビルは1929年 ( 昭和4年 ) に千葉利智の設計で建てられました。
水平線を強調したデザインはシンプルはですが、なかなか味があります。
正面のデザインは、規模の違いはありますが、銀座の奥野ビル(1932年)や築地の華僑ビル(1928年)にも似ています。
スクラッチタイルの外壁に乗った瓦屋根は、ちょっと取って付けた感がありますが、当時流行り出していた帝冠様式を意識したものなのでしょうか?
昭和初期と言う時代を感じずには居られません。

実は、都ビルの右側の2軒目に、樋口次郎の設計で1929年に建てられた田丸電気と言う、時計台の有る看板建築の傑作と言える建物が建っていましたが、今はもう見る事が出来ません。
( 都ビル田代電気の1985年の姿は≪こちら≫をご覧ください。)
都ビルの場合も、この写真を撮ってから既に1年7ヶ月が経過しています。
もしかすると既に解体されている可能性もあるのです。
スポンサーサイト

テーマ:建物探訪 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2010/06/13(日) 08:30:07|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumainoact.blog58.fc2.com/tb.php/849-3a220808
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad