アクトデザイン凛太郎のブログ

住まいのこと、ネコのこと、身の回りのこと、今思うことを綴っていきます

神田須田町辺りのキャンブレル屋根の建物

万世橋の南側、交通博物館の向いの神田須田町1丁目にも、銅板葺きの看板建築が在ります。

    須田町1 腰折屋根の銅板建築①
    ( 撮影 / 2008・11・22 )
かなり保存状態の良い銅板葺きの建物ですが、左右非対称の腰折れ屋根 ( キャンブレル屋根 ) も特徴的です。
この日は週末だせったのでシュッターは閉まっていますが、飲料水の自動販売機とコピーの看板から、この建物は現役の商店だと思われます。

須田町1 腰折屋根の銅板建築②
この雨戸の戸袋が銅板葺きの看板建築の特徴です。


靖国通りを渡った南側、神田須田町1-6辺りにも、腰折れ屋根の建物を見付けました。
    久保田織物
    ( 撮影 / 2008・11・22 )
久保田織物の看板を掲げたこの建物は、モルタル塗りで左右対称の腰折れ屋根
モルタルによる装飾は見当たらないので、看板建築に分類することは出来ません。


久保田織物から西へ歩いて1分も掛らない司町2丁目にも
神田司町2 ギャンブレン屋根の長屋 
( 撮影 / 2008・11・22 )
角地の住み切りを上手にデザインに取り入れた、腰折れ屋根の4軒長屋まで見付けちゃいました。
この建物も看板建築とは言えないとは思いますが、パリの街角にでも建っていても、おかしくない素敵な建物だと思いませんか?

神田近辺の散策は、まだまだ続きます。

スポンサーサイト

テーマ:建物探訪 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2010/06/15(火) 08:43:42|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumainoact.blog58.fc2.com/tb.php/850-b981f4fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad